教化センターのポスターに鹿狼山

  • 2018.04.12 Thursday
  • 20:00

曹洞宗東北管区教化センターの教化活動ポスターに鹿狼山の写真が使われていることを、あるお坊さんから教えて頂きました。このポスターは平成29年度布教教化方針に基づいて制作されたと説明にありました。

 

ポスターは5タイプあり、どれも魅力ある写真が使われています。

鹿狼山登山道の写真は広報の表紙にもなっていました。

撮影地はおそらく新地側の登山道だと思います。

 

P1080421.jpg

東北管区教化センター広報第66号

 

IMG_003.jpg

「受け継ぎつたえること」のポスター

撮影は鹿狼山の登山道(新地側)です。

 

IMG_002.jpg

5種類のポスター

 

大内・鬼ヶ柵からの鹿狼山登山

 

広報の表紙が鹿狼山であることと、頂上の大内側の木を伐採して見晴らしが良くなったという話を聞くに及び、大内の鬼ヶ柵方面から登ってまいりました。(※登山したのは3月です)

 

P1080235.jpg

鹿狼山の登山口

 

P1080236.jpg

シンボルのジムニー

 

P1080247.jpg

落ち葉を踏みしめながら登って行きます。

 

P1080248.jpg

木々の合間から見える鹿狼山。何となくお館山の頂上に似ています。

 

P1070807.jpg

お館山の頂上

 

P1080252.jpg

道標

 

P1080280.jpg

この石は・・・

 

P1080277.jpg

風土記御用書出にもある硯石です。

 

P1080254.jpg

ここからが急坂になります。

 

P1080257.jpg

鹿狼山の社

 

P1080273.jpg

日あたりがいい頂上

 

P1080258.jpg

新地・相馬方面

 

P1080268.jpg

大内・金山・丸森方面

 

仙台の太白山から見える鹿狼山

 

P1000593.jpg

3年前の2015年に登った仙台・太白山から見えた鹿狼山

 

P1080434.jpg

金山から見た鹿狼山

 

 

色々なコースがありますので鹿狼山に登ってみてはいかがでしょうか。

ラジカセ

  • 2018.04.11 Wednesday
  • 20:00

4日前の7日(土)の午後4時、NHK三重発地域ドラマ「ラジカセ」は笑いあり涙ありでとても面白かったです。あらすじはホームページを見て頂くとして、古いラジカセを通し、いらないものはないというメッセージが見ている人の心ににスーッと伝わる良いドラマでした。

 

このドラマを見て驚いたことがありました。それは、瑞雲寺で現役のラジカセと同じものが出ていたからです。このラジカセは2013年のブログで紹介しています。

 

P1080611.jpg

字体が昭和

 

P1080610.jpg

昭和家電を集める中年オタクと小学生

 

P1080609.jpg

メーカー名がシールか何かで変更されています。

 

P1080614.jpg

座り仕事や外での仕事の際には欠かせない瑞雲寺のラジカセ。私が生まれる前からありました。元は台所に置いてあり、小さい頃から高校生までお世話になりました。今でもラジオの音はいいです。これからも大切に使っていきたいと思います。

釈尊降誕会

  • 2018.04.08 Sunday
  • 20:00

今日4月8日はお釈迦様の誕生日です。

お釈迦様は、母親であるマーヤー夫人が、白いゾウが天から降りてお腹に入る夢を見て懐妊されました。そして、無憂樹(むゆうじゅ:マメ科)の花が咲くルンビニ園でお生まれになられました。

 

P1040318.jpg

デリー国立博物館の象牙に彫刻されたマーヤー夫人と白い像(※インド仏跡巡礼の旅 第7日目にて)

 

お釈迦さまが誕生されたのを見て、竜は天から降りて香り高いお湯と水を灌いで産湯につかったといわれています。その後、お釈迦様は立ち上がり、右手を天に、左手を地に「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」ととなえられたと伝えられています。意味は、私たち一人一人の存在は非常に尊い存在でありかけがえのないたった一つの命をもっているということです。我とはお釈迦様お一人のことではなくすべての人々が尊い命をもっているということを教えているのです。

 

R0013056.jpg

ムラガンダクィー寺院の釈尊降誕図(※インド仏跡巡礼の旅 第5日目にて)

瑞雲寺では、午前10時30分にお釈迦様の誕生日である「降誕会(ごうたんえ)」の法要を行いました。

 

P1080568.jpg

花御堂

 

釈尊降誕会は花まつりとも呼ばれています。

今年は珍しく花まつりの日に桜が満開でした。

 

P1080581.jpg

観音堂前の桜

 

P1080583.jpg

境内の水芭蕉

鬼形地区の桜

  • 2018.04.05 Thursday
  • 22:00

瑞雲寺境内の桜が満開です。

昨年は4月14日ごろが満開でしたので、今年は約9日ほど早いようです。

 

鬼形地区の桜も満開になりました。

地区は狭いので約20分位の散歩で全部見ることができます。

 

P1080563.jpg

渓水寺の枝垂れ桜

 

P1080560.jpg

枝ぶりが何かの生き物のように見えます。

 

P1080566.jpg

桜公園の桜

 

P1080534.jpg

佐野製糸場横の桜

 

P1080551.jpg

瑞雲寺の遊具横の桜

 

P1080543.jpg

瑞雲寺観音堂前の枝垂れ桜

鬼瓦

  • 2018.04.02 Monday
  • 20:00

宇宙刑事シャイダーは小学生の頃夢中になって見ていた番組です。当時、同級生達の間では変身のスピードについて前回のシャリバンとどちらが速いのか話題になっていたことを覚えています。

 

シャイダーでは寺社仏閣での戦闘はありませんが、鬼瓦にしか見えないものが毎回登場します。この鬼瓦のようなものはフーマの戦闘母艦(敵)で頭の筒から強力な破壊力を持ったミサイルが発射するようになっています。

 

まるで鬼瓦のようなフーマの戦闘母艦はデザインが素晴らしく、瓦屋さんで制作してもらいたいほどです。それが無理なら粘土で自作するのも面白いかもしれません。

 

ちなみに鬼瓦とは、鬼の面をした瓦のことをいい、魔除けとして取り付けられています。

 

フーマの戦闘母艦

 

syaida1-1.jpg

フーマの戦闘母艦

 

syaida1-2.jpg

正面から

 

syai44.jpg

斜めから

 

syaida1-3.jpg

火を噴く瞬間

 

syaida1-4.jpg

炎の中を走るシャイダー

 

syaida1-5.jpg

炎を避けて一回転

 

syaida1-6.jpg

必殺のビッグマグナム

 

syaida1-7.jpg

シャイダーが放つビッグマグナムの光線が戦闘母艦に命中

 

syaida1-8.jpg

大爆発

 

syaida1-9.jpg

その後のシャイダー

 

宇宙刑事シャイダー 第1話 パート1

 

宇宙刑事シャイダー 第1話 パート2

 

実際の鬼瓦

 

P1070721.jpg

瑞雲寺の鬼瓦。砲台のようなものは「経の巻」と呼ばれ、いわゆるお経の巻物をかたどったものです。

 

P1070724.jpg

正面から見た鬼瓦

 

P1080599.jpg

某寺院の鬼瓦

 

P1080615.jpg

平城宮出土の鬼瓦

 

P1080074.jpg

瑞雲寺の鬼瓦と屋根を葺く職人さん。写真は30年前のものです。当時と比べて色あせてしまった鬼瓦ですが、雪・雨・強風があっても修理することなく現在に至っています。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM