20日の暴風

  • 2020.03.22 Sunday
  • 21:00

20日の暴風は凄まじいものがありました。雉子尾川を挟んでお館山と鬼形山は風の通り道になっているらしく、7年前の鐘楼堂が倒れた時を思い起こさせるものを感じました。幸いにも鐘楼堂は大丈夫でしたが、松の木や石碑(一基)が倒れてしまいました。

 

bouhu.jpg

 

 

P1020615.jpg

鐘楼堂より角田方面を撮影

 

P1020612.jpg

強風で土埃が舞っている様子

 

P1020617.jpg

暴風で倒れた熊手やスコップ

 

P1020620.jpg

境内の松の木は根元より折れてしまいました。

 

P1020623.jpg

暴風で倒れた石碑

お地蔵様の帽子の寄進

  • 2020.03.15 Sunday
  • 21:00

観音講講員の大石様より、お地蔵様の帽子を寄進して頂きました。大石様のお宅は昨年の台風で床上浸水の被害を受けました。夜中に水が浸入してきて何とか二階に上がり九死に一生を得たとのことです。浸水した生活用具や思い出のあるものの処分等、大変な日々を送ってこられたことと思います。辛い状況の中、帽子を一生懸命に作って下さり、頭が下がる思いです。新しい帽子を被ったお地蔵さまも喜んでいることでしょう。

 

P1020543.jpg

新しい帽子を被ったお地蔵様

AMラジオから流れてきた歌

  • 2020.03.14 Saturday
  • 20:30

境内掃除用の熊手を買いに行った帰り道、カーステレオのAMラジオから卒業式の歌が流れてきました。音質は相当悪いのにも関わらず当時の記憶が呼び起こされ感動してしまいました。自宅に戻り、あの卒業式の歌は何だったのか調べてみますと「旅立ちの日に」という題名でした。

 

ラジオの解説では埼玉県秩父市にある影森中学校の校長先生が作った歌だそうです。当時、荒れていた学校を矯正するために歌声が響く学校を目指し合唱の機会を多くしたとのことです。始まった頃は合唱に抵抗する生徒達でしたが、先生達の努力により歌う楽しさを知り学校が明るくなっていったそうです。

 

歌声が響く学校を目指して三年目(1991年)卒業する生徒の為に何か記念になるもの世界に一つだけのものを残そうという思いで校長先生が詩を書いて音楽の先生が曲をつけました。そして、できた歌を3年生を送る会で卒業生の為に先生達が歌ったそうです。その歌を聞いた周囲の学校、それが全国の学校で歌われるようになったとのことです。

 

作詞をした校長先生、曲をつけた音楽の先生は生徒の為にという利他の精神だったからこそ、全国の学校で歌われる卒業式の定番ソングになっていったものだと思います。

 

たまたまAMラジオから流れてきた歌でしたが、震災・台風・コロナで沈みがちだった心を上向きにさせる歌の力というのは素晴らしいものだと思った一時でした。

 


 

どのような歌なのかわからない方もいらっしゃると思います。「旅立ちの日に」はNHKらじる★らじるの聞き逃しサービスで聴くことができます。聞き逃したラジオを聴ける今はいい時代になったものです。武内陶子のごごラジ!「ご当地ソング特集 春の歌」の30分あたりから聴くことができます。(※3月20日で配信終了)

 

 

猫が描かれないわけ

  • 2020.02.22 Saturday
  • 21:00

15日の涅槃会(ねはんえ)では、本堂内に金色のお釈迦様を中心として嘆き悲しむ色々な人々・動植物達が描かれている涅槃図という大きな掛け軸をかかげます。

 

涅槃図にはなぜか身近にいたであろう猫が描かれていません。なぜなのか調べてみますと、「お釈迦様の母親であるマーヤ夫人が天上から薬袋を投じたが、沙羅双樹の枝に引っかかってしまった。鼠が薬袋を取りに行こうとしたが、猫が邪魔をしたため、お釈迦様は薬を飲むことができずに亡くなってしまわれた。」とのことです。(※絵解き涅槃図 竹林史博著 青山社 参照)

 

P1020470.jpg

瑞雲寺の涅槃図

 

P1020478.jpg

数は少ないながらも涅槃図に描かれている猫達(※絵解き涅槃図 竹林史博著 青山社より)

 

P1020482.jpg

嘆き悲しむマーヤ夫人

 

P1020481.jpg

天上より投じたとされる薬袋とされていますが、瑞雲寺の掛け軸を見る限り錫杖に結び付けられていることから仏鉢を包んだものだと思われます。

 

P1020483.jpg

今年の干支・子

雪吊りが役立ちました。

  • 2020.02.16 Sunday
  • 22:00

5日前の11日は雪でした。定規で測ってみますと瑞雲寺境内で約5センチの積雪。日中は天気が良かったせいか、午後にはほとんどとけてしまいました。

 

P1020486.jpg

ようやく雪吊りが役立ちました。

 

P1020522.jpg

雪のお館山

 

P1020504.jpg

駐車場から昇る朝日

丸石道祖神として安置

  • 2020.01.22 Wednesday
  • 20:00

毎年18日に行っていた観音様の縁日「初観音」は講員の方が台風で被災されたということもあり、人が集まっての行事は行いませんでした。台風による大量の土砂や墓石の一部は坂道を通って駐車場に流れ着いたわけですが、不幸中の幸いにも観音堂の建物に対する被害はほとんどありませんでした。下の駐車場に転がり落ちた墓石の一部である丸い石は台風の被害を忘れない為に、観音堂の横に丸石道祖神(※甲府盆地の丸石道祖神を参考)として安置致しました。

 

P1020355.jpg

大量の土砂が手前の坂道を通って行ったのにも関わらず被害はほとんど無かった観音堂

 

P1020357.jpg

かつて石段横にあった説明板は台風で倒壊してしまったので、観音堂の窓の下に取り付けました。

 

P1020358.jpg

台風で流された墓石の一部は観音堂の横へ安置

 

P1020360.jpg

もう一つの墓石の一部も女形観音堂横に安置

 

2004.5.31-6.jpg

甲府盆地の丸石道祖神

謹賀新年

  • 2020.01.01 Wednesday
  • 00:00

 

nenga.jpg

天皇皇后両陛下、丸森町御訪問

  • 2019.12.29 Sunday
  • 21:30

3日前の26日の12時40分頃、寺務室で掃除をしていると仙台空港方面よりヘリコプターの音がかすかに聞こえてきました。天皇皇后両陛下がお乗りになっているヘリコプターだと気づき、急いでデジカメを持って外に出ました。両陛下が御見舞いに御訪問して下さったお心遣い思うと、感無量でシャッターをうまく押せないほどでした。

 

P1020233.jpg

天皇皇后両陛下がお乗りのヘリコプター(瑞雲寺鐘楼堂より撮影)

 

天皇陛下御即位後、初めての被災地御見舞いの御訪問ですので、御迎えは人が多くて難しくても、御見送りはできるのではと思い町役場まで行ってきました。昼食を済まし何とか駐車場に車を停め、両陛下をお待ちになっている皆さんと一緒に待ちました。

 

P1020242.jpg

仮設住宅を訪れた後、丸森町役場へ向かわれる天皇皇后両陛下

 

gohoumon1.jpg

手を振る雅子様

 

両陛下がお乗りになった車に手を振りながらの撮影は難しくてぶれてしまいましたが、自分の目を通して記憶にしっかりと留めることができました。両陛下の丸森町御訪問は被災者の方々にとって大きな励みになったことでしょう。

佐野製糸場跡の状況

  • 2019.11.07 Thursday
  • 18:30

瑞雲寺本堂前から鬼形墓地へ行く道が土砂と雑木のために行けなくなっていたので、ノコギリと刈込ばさみで伐り終えた後、佐野製糸場跡の状況を上から撮影してみました。水が流れている時はわかりませんでしたが、土砂が田んぼに流入した様子がみてとれます。

 

P1010791.jpg

鬼形墓地から佐野製糸場跡の眺め

 

P1010832.jpg

金栄橋から佐野製糸場跡へ通じる道が流出

 

P1000180.jpg

以前の道

 

P1010820.jpg

砂に埋まった石垣

 

P1010836.jpg

石垣の上は賽の河原のような状態

 

P1010811.jpg

道とともに流出した木小屋は約300m先の土手の斜面にありました。何とか再利用して元の場所に置ければと考えています。

両祖忌

  • 2019.09.29 Sunday
  • 22:00

今日は「両祖忌(りょうそき)」です。

両祖忌の両祖(りょうそ)とは、大本山永平寺を御開きになられた道元(どうげん)禅師、発展の礎を築かれ大本山總持寺を御開きになられた瑩山(けいざん)禅師、このお二方のことをいいます。

 

両祖忌の忌(き)は、お亡くなりになられた日、すなわちお二人の命日のことをいいます。

 

なぜ、9月29日がお二人の命日なのか疑問に思った方もいらっしゃるでしょう。

道元禅師は建長五年(1253年)8月28日54歳で亡くなられ、瑩山禅師は正中二年(1325年)8月15日58歳で亡くなられました。その当時の暦は、太陰暦ですのでお二人の命日を太陽暦に変換すると偶然にも9月29日となるわけです。

 

このお二人がいらっしゃらなければ曹洞宗の発展はありえませんでしたし、丸森の地に瑞雲寺は無かったでしょう。両祖忌ではお二人を偲び、法要を執り行いました。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM