蓮の花

  • 2018.06.12 Tuesday
  • 21:00

瑞雲寺の庫裡の裏手にある池で蓮の花が咲きました。「蓮は泥より出でて泥に染まらず」という言葉があるように、池の泥から水面を出て花が咲く様は、まさに仏教の象徴にふさわしい植物です。

 

P1080880.jpg

咲いた蓮の花

 

P1080889.jpg

観音様がお乗りの蓮の花

 

P1080878.jpg

さしずめ極楽の蛙といったところでしょうか

 

以前にも紹介しましたが、お寺の中にも蓮の花がたくさんあります。

本堂に来られた折りに探してみるのも面白いかもしれません。

 

P1080891.jpg

燭台の蓮の線刻

焼香場の壁に草の輪?

  • 2018.05.28 Monday
  • 21:00

大内のとある焼香場の壁に、草を輪にしたようなものが目につきました。

当初、誰かのいたずらだと思っていました。

壁をよくよく見てみますと・・・

 

なんと、壁の隙間から生えた草が輪を形づくっていたのです。

隙間があれば何としても生きようとする植物の生命力は凄いですね。

 

P1080863.jpg

なぜ草の輪が?

 

P1080861.jpg

壁の隙間から草が出ている様子

タケノコの勢い

  • 2018.05.14 Monday
  • 21:00

タケノコの勢いが止まりません。

お墓へ行く道の真ん中など、容赦なく生えてきました。

猪が食べて全滅した年もありましたが、今年はタケノコの勢いに負けているようです。

 

その後、タケノコを掘り起こし煮物にして頂くことに。

何としても生きようとする植物の生命力は凄いですね。

 

P1080774.jpg

これくらいになったら掘り起こさないと大変なことになってしまいます。

 

P1080776.jpg

一日伸ばし二日伸ばししていたら、下の方は皮がはがれて竹になっていました。

調律師さん来山

  • 2018.05.11 Friday
  • 20:00

一年に一度、この季節に瑞雲寺に来る方がいらっしゃいます。
その方というのはピアノの調律師さんです。

 

音の調律が終わった後、1997年の映画「タイタニック」と大改造‼劇的ビフォーアフターの「匠」の曲を弾いて下さいました。調律師さんがおっしゃるには、「古いピアノながらも良い状態を保っています」とのことでした。

 

つい最近、漫画「ピアノの森」を読み終えたばかりというのもあり、あらためてピアノの音は良いものだなと思えた一日でした。漫画本を購入するのが難しければ、NHKで見ることができます。ただ、放映が日曜の夜中1時10分からなので、録画した方が良いかもしれません。

 

ダウンロードして音楽を聴くのもいいのですが、生演奏の力、音の力というのは人の心を動かすほどに素晴らしいものです。もし仙台でピアノのコンサートがあれば行ってみたいですね。

 

R0013393.jpg

ピアノの森18巻

141414

  • 2018.05.10 Thursday
  • 22:00

福島県内を車で移動していましたら走行距離が141414kmになっていることに気づきました。車を安全な場所に駐車してメーターを撮影。

 

P1080706.jpg

車の走行距離

 

その後、驚いたことに走行距離(イシイシイシ)を連想させる神社をお参りする機会が偶然に訪れました。神社の名前は新殿神社。大きな石(イシ)から生えた桜の巨木がとても印象的な神社です。石の上には種々の石碑が立っており、地域の信仰の厚さを物語っておりました。場所は福島県二本松市東新殿、丸森につながる国道349号線沿いの道の駅「さくらの郷」の近くにある神社です。

 

P1080727.jpg

新殿神社の岩さくら

 

P1080710.jpg

鳥居の右側の巨石

 

P1080709.jpg

鳥居の左側の巨石

 

P1080724.jpg

新殿神社にほど近い福田寺のしだれ桜

 

桜の咲く季節にはたくさんの人が訪れたに違いありません。

近くの道の駅「さくらの郷」の名を示す通り、桜の巨木が多い地域となっているようです。

桜の咲く時期に来たかったというのもありますが、新緑の季節も良い感じの境内でした。

創建560年

  • 2018.05.01 Tuesday
  • 21:00

瑞雲寺が室町時代の長禄二年(※1458年)に創建されて560年目を迎えました。
 

金龍山瑞雲寺は室町時代の長禄二年(1458年) 瑚海仲珊禅師(こかいちゅうさんぜんじ、新潟県村上市、耕雲寺四世)が伊具郡丸森町金山の地に足を踏み入れ、耕雲寺の末寺として金龍山の中腹を整地し寺院を建立したのに始まります。

 

R0013381.jpg

本堂内に掲げてある絵

 

その後、天正の頃に本堂がひどく荒廃し、伊達陸奥守藩士中島伊勢守宗求公(瑞雲寺中興開基)が建物を修繕。そして田畑を寄進し中島公の菩提所として維持されました。元禄の頃に本堂の大修繕が施され今に至ります。現在は本堂を中心として衆寮、庫裡、鐘楼堂、観音堂の建物配置となっております。

 

建物の配置

 

瑞雲寺の南側一段高く眺望のよい所にかつてお堂があり、中島家代々の御位牌が安置されていたといわれています。このお堂には金泥が塗られて燦然たる光輝を放ち、世間の目を奪ったといわれていますが、明治九年(1876年)原因不明の失火により灰燼に帰して金山の一美観を失ってしまいました。現在はお堂を囲む石のみが残っています。

 

P1040645.jpg

お堂があった所

 

境内には、髪の毛を供養した全国でも珍しい「頭髪供養碑」。かつて生糸の産地だったことを物語る「猫供養碑」。開山当初からあるといわれている古木「多羅葉樹」「百日紅」を見ることができます。

 

R0013375.jpg

多羅葉樹

 

瑞雲寺には末寺が三ヶ寺あります。大内の長泉寺(九世開山)、柴田町船岡の大光寺(十世開山)、金山の渓水寺(十五世開山)があり、丸森町の一寺院として今日に至っております。

昭和の日

  • 2018.04.29 Sunday
  • 19:00

今日は昭和の日。昭和といっても64年もの長さがあり、生まれた年代によって人それぞれイメージが違います。私は昭和の後半の世代なので、人気だったテレビやヒーローの思い出が強いような気がします。改めて昭和の後半は何をしていたのか振り返ってみますと、なぜかフィルムカメラが思い浮かんできました。

 

早速、物置の箱から当時使用していたカメラを取り出してみました。下の写真のカメラは小学生の頃、父から譲り受けたものです。名称はコニカのC35EFD。操作は簡単でレバーを引いてシャッターボタンを押すだけ、当時小学生だった私でも撮影できました。自分でも操作できるほどでしたから、だいぶ売れたと聞いています。

 

久しぶりにこのカメラを手にとってみると、指先が操作の感覚を覚えており昭和を感じずにはいられませんでした。スマートフォンやデジタルカメラで撮影するのが当たり前になりましたが、たまにはフィルムカメラで日常や風景を撮影してみたいと思った一日でした。

 

P1080696.jpg

とても使いやすいコニカC35EFD

 

P1080698.jpg

丈夫なケース

 

P1080701.jpg

コニカのカメラでジオラマ撮影

迫力のある写真を期待していたのですが、あまりのクオリティの低さにがっかりした記憶があります。

教化センターのポスターに鹿狼山

  • 2018.04.12 Thursday
  • 20:00

曹洞宗東北管区教化センターの教化活動ポスターに鹿狼山の写真が使われていることを、あるお坊さんから教えて頂きました。このポスターは平成29年度布教教化方針に基づいて制作されたと説明にありました。

 

ポスターは5タイプあり、どれも魅力ある写真が使われています。

鹿狼山登山道の写真は広報の表紙にもなっていました。

撮影地はおそらく新地側の登山道だと思います。

 

P1080421.jpg

東北管区教化センター広報第66号

 

IMG_003.jpg

「受け継ぎつたえること」のポスター

撮影は鹿狼山の登山道(新地側)です。

 

IMG_002.jpg

5種類のポスター

 

大内・鬼ヶ柵からの鹿狼山登山

 

広報の表紙が鹿狼山であることと、頂上の大内側の木を伐採して見晴らしが良くなったという話を聞くに及び、大内の鬼ヶ柵方面から登ってまいりました。(※登山したのは3月です)

 

P1080235.jpg

鹿狼山の登山口

 

P1080236.jpg

シンボルのジムニー

 

P1080247.jpg

落ち葉を踏みしめながら登って行きます。

 

P1080248.jpg

木々の合間から見える鹿狼山。何となくお館山の頂上に似ています。

 

P1070807.jpg

お館山の頂上

 

P1080252.jpg

道標

 

P1080280.jpg

この石は・・・

 

P1080277.jpg

風土記御用書出にもある硯石です。

 

P1080254.jpg

ここからが急坂になります。

 

P1080257.jpg

鹿狼山の社

 

P1080273.jpg

日あたりがいい頂上

 

P1080258.jpg

新地・相馬方面

 

P1080268.jpg

大内・金山・丸森方面

 

仙台の太白山から見える鹿狼山

 

P1000593.jpg

3年前の2015年に登った仙台・太白山から見えた鹿狼山

 

P1080434.jpg

金山から見た鹿狼山

 

 

色々なコースがありますので鹿狼山に登ってみてはいかがでしょうか。

ラジカセ

  • 2018.04.11 Wednesday
  • 20:00

4日前の7日(土)の午後4時、NHK三重発地域ドラマ「ラジカセ」は笑いあり涙ありでとても面白かったです。あらすじはホームページを見て頂くとして、古いラジカセを通し、いらないものはないというメッセージが見ている人の心ににスーッと伝わる良いドラマでした。

 

このドラマを見て驚いたことがありました。それは、瑞雲寺で現役のラジカセと同じものが出ていたからです。このラジカセは2013年のブログで紹介しています。

 

P1080611.jpg

字体が昭和

 

P1080610.jpg

昭和家電を集める中年オタクと小学生

 

P1080609.jpg

メーカー名がシールか何かで変更されています。

 

P1080614.jpg

座り仕事や外での仕事の際には欠かせない瑞雲寺のラジカセ。私が生まれる前からありました。元は台所に置いてあり、小さい頃から高校生までお世話になりました。今でもラジオの音はいいです。これからも大切に使っていきたいと思います。

鬼形地区の桜

  • 2018.04.05 Thursday
  • 22:00

瑞雲寺境内の桜が満開です。

昨年は4月14日ごろが満開でしたので、今年は約9日ほど早いようです。

 

鬼形地区の桜も満開になりました。

地区は狭いので約20分位の散歩で全部見ることができます。

 

P1080563.jpg

渓水寺の枝垂れ桜

 

P1080560.jpg

枝ぶりが何かの生き物のように見えます。

 

P1080566.jpg

桜公園の桜

 

P1080534.jpg

佐野製糸場横の桜

 

P1080551.jpg

瑞雲寺の遊具横の桜

 

P1080543.jpg

瑞雲寺観音堂前の枝垂れ桜

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM