園芸教室

  • 2017.10.18 Wednesday
  • 18:00

17日(火)、金山まちづくりセンター主催の園芸教室に参加してきました。
今回は二度目の参加で、2015年以来の園芸教室でした。
ハボタン、アイビー、ビオラ等の花を一つの鉢に入れ、隙間にスコップで土を入れて、最後に割り箸を使用して詰めるわけですが、バランスよく配置させるのがとても難しかったです。

 

P1070385.jpg

園芸教室が始まる前に、金山図書館前の花壇に花を植えました。

 

P1070386.jpg

まちづくりセンターの一角で開催。

 

P1070387.jpg

自分の作品です。

出来上がった作品は家に持ち帰り、玄関前に置くことにしました。

金山地区敬老会

  • 2017.09.10 Sunday
  • 20:00

9日、9時半より金山小学校体育館で敬老会がありました。(※生涯学習委員の一人としてお手伝い)

アトラクションでは、動きが激しくも厳かな田林神楽と、懐かしい曲中心の引地さんの歌謡ショーがあり、参加されたご年配の方々はとても楽しまれたご様子でした。ときおり体育館の窓から入ってくる風がとても気持ちが良く、もうすぐ秋だと告げているようでした。

 

P1070122.jpg

雲一つない抜けるような青空と小富士山。敬老会は小学校体育館で開催されました。

 

P1070117.jpg

小学校から見える蔵王山

 

P1070120.jpg

敬老会の会場

 

P1070125.jpg

田林神楽

 

体育館で気になったもの

 

P1070121.jpg

昨年同様、天井のボールが気になってしまいます。

 

P1070127.jpg

体育館の天井で休むオニヤンマ

第1回 陶芸教室

  • 2017.07.30 Sunday
  • 21:00

金山自治会主催、生涯学習事業の一つである第1回目の陶芸教室に参加(※生涯学習委員の一人として)してきました。場所は蔵王町遠刈田にあるアトリエまんぷう。2015年に参加したので今回は2回目となります。

 

金山まちづくりセンターを9時に出発し、10時アトリエまんぷうに到着。
 

P1060961.jpg

アトリエまんぷう

 

先生の実演が終わった後、早速ろくろに粘土をセットしてつくり始めてみるものの、中心からずれてしまい変な形になってしまいました。坐禅もそうですが、中心が大切なことがわかりました。

途中、先生に粘土をろくろの中心に戻してもらって何とか完成。

 

P1060953.jpg

湯呑を作る予定がペン立てに変更。おととしの方が上手なような気がしました。

 

P1060965.jpg

帰りに立ち寄った不忘平和祈念公園

 

 

ペン立てが出来上がるのはまだ先ですが、とても楽しみです。

宮城県図書館視察研修

  • 2017.07.14 Friday
  • 22:00

7月5日、金山図書運営委員会の方々を対象とした宮城県図書館視察研修に参加してきました。

9時00分、金山まちづくりセンター出発。中型車で東北自動車道を通り約1時間15分程で到着。実は2014年の3月に宮城県図書館を視察していますので、今回で2回目となります。

 

(※以下の写真は許可を得て撮影しました。)

 

P1060854.jpg

宮城県図書館の入口。四季を感じられるような造りになっています。緑が見えると心が落ち着きますね。

 

P1060875.jpg

宮城県図書館の全体模型


ここから見学↓

 

企画展と連動しての本の貸し出しコーナー

 

P1060857.jpg

今年は伊達政宗公生誕450年。伊達政宗公に関連する本がまとまっているコーナーが便利です。その他に博物館の企画展に関連した図書の貸し出しも行っています。

 

レファレンスサービスと資料検索端末

 

P1060859.jpg

これだけ大きな図書館になると、お目当ての本を探すのにも一苦労だと思います。こういう時は資料検索端末を利用すれば時間を有効に活用できます。さらに便利なのがレファレンスサービスです。レファレンスサービスは「みやぎの資料室カウンター」「調査相談カウンター」「新聞・雑誌室カウンター」「音と映像のカウンター」「子ども図書室カウンター」の5つに分かれており、豊富な資料を元に質問に答えてくれます。

 

普段は入ることのできない書庫の見学

 

P1060864.jpg

普段は入れない書庫を見せて頂きました。黄色いテープは地震で落ちないようにとのことです。

 

宮城県図書館で一番大きな本

 

P1060863.jpg

宮城県図書館で一番重い本「朝鮮半島地図集成 学生社」と豆本「ピエールとライオン」。一番重い本(※重量20キロ)は、今までに9人が借りたそうです。3年前も借りた方が9人とおっしゃっていたので、あれから数字に変動はなかったようです。

 

一般開放の書庫を上から撮影

 

P1060865.jpg

一般に開放している書庫を上から撮影。本は日本十進分類法(NDC)で分類されているそうです。

 

新聞の保管について

 

昔の新聞は、紙の劣化が激しくマイクロフィルム化をするのが必須だそうです。マイクロフィルム1巻で約半月分保存できるそうです。長所は劣化する紙と違い、省スペース・長期保存可能とのこと。短所は酢酸を使用する為、少し酸っぱい匂いがするそうです。宮城県図書館では新聞のマイクロフィルムが閲覧可能ですので、自分の誕生日の新聞等を探してコピーをすれば、まさに記念の一ページになるのではないでしょうか。

 

震災関連資料について

 

宮城県図書館では、東日本大震災に関する資料全般を収集・保管しています。3.11の大震災から6年経ちました。もし、当時の震災関連資料がありましたら宮城県図書館へ問い合わせてみて下さい。

 

子ども図書室

 

P1060876.jpg

階段を上がって行くと子ども図書室になります。

 

P1060870.jpg

親しみやすい絵。ツチノコツチノコがかわいいです。

 

P1060871.jpg

子どもの背丈に合わせて作られている手洗い所

 

P1060872.jpg

児童書がたくさんあります。

 

P1060873.jpg

宗教関係の児童書

 


 

感想

 

2度目の宮城県図書館視察研修して、案内してくれた方がおっしゃっていた「人と資料をつなぐ」ことは、本の貸し出し・返却・検索・選定・情報の発信・整理・修復・収集・保存等(※他にもっとあると思います)の図書館業務があってはじめて成立するものだと見学を通じて理解することができました。

 

最後に、金山図書館に読みたい本が無い場合、希望すれば宮城県図書館から持ってきてくれるとのことです。宮城県における知の集積庫を、どんどん利用していきましょう。

 

P1060878.jpg

帰りに見えた仙台大観音様

読書感想文の感想

  • 2017.05.25 Thursday
  • 22:00

10日の金山図書運営委員会で手渡された23名分の読書感想文を何度か繰り返して読ませて頂き、その中から10名を選考した用紙を、まちづくりセンターに提出してきました。

 

今回の感想文で高学年の方は、なぜ読もうと思ったのか?(きっかけ)、読んだ本の内容(理解)、読んだことによってどのような自分になりたいか、自分だったらこうしたい(希望)等が述べられていて、私も同じ本を読みたくなるような気持になりました。低学年の方は、形式にとらわれず「読んで良かった!」と直に心情が伝わる感想文がとても良かったです。

 

今回選ばれなかったとしても、本をたくさん読んで来年も感想文を提出して頂ければと思います。

金山図書運営委員会一同、楽しみに待っています。

第1回 金山図書館運営委員会

  • 2017.05.11 Thursday
  • 19:00

10日13時半より金山まちづくりセンターにて、平成29年度第1回図書運営委員会の話し合いがありました。

内容は、図書館に貢献された方の表彰、読書感想文の選考、平成29年の予定、他図書館の視察、バーコードによる本の貸出・管理等について話し合いました。

これからも皆さんに親しんでいただけるような図書館を目指して活動していきたいと思います。

過去の出来事については丸森町立金山図書館のとしょだよりをご覧ください。(※PDFになります)
 

 


運営委員会での話し合いが終わった後、久しぶりに図書館に寄ってきました。

 

P1060522.jpg

金山図書館の外観

 

P1060514.jpg

小さな子供さんでも入りやすい雰囲気になっています。(※女性の運営委員の方のアイデア)

 

P1060516.jpg

絵本コーナー

 

P1060515.jpg

同じく絵本コーナー

 

P1060519.jpg

郷土資料もあります。

 

P1060521.jpg

本棚の近くにある椅子が便利

 

 

いつの間にかセンター駐車場に案内マップが・・・・

 

P1060524.jpg

金山を横にした地図が斬新に見えます。

 

P10605245.jpg

私の中での金山のイメージは写真のような感じです。(※阿武隈川がある上が北)

合併前は日本一小さい町として知られていました。

本の購入

  • 2017.03.31 Friday
  • 21:00

金山図書館の運営委員として、本5冊購入してきました。図書館に置く書籍の購入にあたり6日の話し合いでは、どのジャンルでもいいとのことでしたが、今回は幼児から小学生向けの本を選びました。購入した本については、ここでは公開しません、金山図書館に来館して読んでみて下さい。私が購入した本以外に他の運営委員さんが選んだ本もおもしろいので、ぜひ来館して読んでみてはいかがでしょうか。

平成28年度「本をたくさん読んだ子供」の表彰式

  • 2017.03.13 Monday
  • 21:00

6日の午後2時より、今年度最後の図書運営委員会が開催されました。

内 容

 平成29年度金山図書館事業の進め方について
 本をたくさん読んだ子どもの表彰について
 子ども読書感想文募集について

金山図書館利用者の推移としては、平成28年度は2804人(※3月6日現在)の利用者がありました。利用者の推移、平成27年度は2493人、平成26年度は2590人、平成25年度は1633人、平成24年度は1277人。

 

利用者数の内訳は、幼児43人、小学生2138人、中学生104人、一般531人となっております。(※金山まちづくりセンター調べ)

 

28年度の利用者状況を見てみますと、突出して小学生が利用していることがわかります。中学生は部活や勉強が忙しいので、このような結果になったと思われます。運営委員の一人としては、何とか幼児と一般の利用者数を増やすことができればと考えています。



引き続いて午後3時より、金山まちづくりセンターホールにおいて、本をたくさん読んだ子供の表彰式に図書運営委員の一人として参加してきました。

一番多く読んだ子供は、57冊

来年度も、たくさんの方に読んでもらえるよう本の選定・環境作りを微力ながら協力していきたいと思います。

 

P1060189.jpg

第4回 高齢者のつどい

  • 2017.03.03 Friday
  • 21:00

今年度最後の高齢者のつどいに生涯学習委員の一人として参加してきました。

 

9時半より、まちづくりセンターの小ホールで血圧測定。10時よりDVDの鑑賞をしました。鑑賞し終わり、ひな祭りのぬりえを行いました。色を塗るのは難しいと言われつつも、春らしい色を中心に仕上げられていました。

 

11時45分ごろに、食19会の方が作られた食事を頂きました。献立はせり寿司に具だくさんのさつま汁、フルーツヨーグルト。おいしい食事にDVD鑑賞で笑ったり等、とても楽しい高齢者のつどいでした。

 

P1060165.jpg

第4回 高齢者のつどいのプログラム

 

P1060166.jpg

まちづくりセンターの職員さんが作ったひな人形の見本

 

P1060167.jpg

食19会の会員さんが作った食事

 

食事が終わり、13時より教養講座講演会「腰痛について」と題し、牛木整骨院(金山分院)院長牛木治先生のお話を聞きました。講演会では、全身の調整運動を実際に自分の体で体験してきました。うつ伏せになって行う運動ですが、自分の体の左側に偏り・こわばりがあったことを実感することができました。偏り・こわばりが治るよう、早速、今日から調整運動を始めたいと思います。

仙台市若林図書館視察研修

  • 2016.12.15 Thursday
  • 13:00

14日、金山図書館運営委員会の方々と一緒に仙台市若林図書館の視察研修に行って参りました。

 

若林図書館は若林区文化センター内にあり、若林区文化センター、若林区中央市民センター、若林区情報センターとの複合施設となっており、管理運営は、民間企業(※株式会社ヴィアックス)に委託されているそうです。開設は平成5年9月28日。

 

P1050478.jpg

若林図書館の外観

 

若林図書館では、個人の貸出(1人7冊2週間まで)、団体の貸出(5名以上のグループに30冊まで)、本のリクエスト、視聴覚の予約、資料を探すお手伝い、郵送貸出サービス(※高齢者の方、病気の方で来館することができない方などの条件がある。郵送費は図書館持ちとのこと)、学校への貸出、対面の朗読サービスを行っています。

 

P1050474.jpg

児童書のコーナー

 

P1050475.jpg

絵本のコーナー

 

P1050477.jpg

震災関連の本

 

職員の方がお話して下さった中で印象的だった企画は「本の世界に入ってみよう!」と題し、ビデオカメラを駆使して参加者の方が絵本の世界に入ってもらう体験が大人気だったとのこと。参加者の方には絵本の中に入った映像をDVDにしてお渡しして喜ばれたそうです。

 

ユニークな企画としては、仙台弁で語るグリム童話。面白いと思った本を5分で発表するビブリオバトル。自分が持っているぬいぐるみと一緒にお話会に参加。その後、ぬいぐるみが図書館に一泊し、迎えに来てくれた持ち主に一冊の本をおすすめするという企画が夢があって良いと思いました。

 

規模が小さい金山図書館は、あらゆるジャンルの本を取り揃えるのは無理ですので、絵本・児童書(※これらのジャンルは大人でも楽しめる)・郷土史(※旧伊具郡中心)などを中心に書籍を購入していけば狭い空間を上手に利用できるのかもしれません。

 

若林図書館視察研修後、割り当てられた図書館の予算で、児童書・絵本・一般書籍を中心に仙台市内の書店で購入してきました。

 

これで若林図書館視察研修の報告を終わります。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM