初観音

  • 2018.01.19 Friday
  • 21:00

「かんじざいぼさつぎょうじんはんにゃ」般若心経の最初に出てくる観音様(梵語ではアヴァローキテーシュヴァラ)。
観音様は、とてもやさしいお姿をしていらっしゃいます。観音様のお経である普門品では、あまねくこの世に生きている人々を救うため三十三の姿に変わると説かれています。三十三とはたくさんという意味です。

jiboka.jpg


18日は、一年で一番初めの縁日「初観音(はつかんのん)」の日です。
観音講の講長さん・講員の方をはじめ、観音様を信仰する方が集まり、瑞雲寺観音堂にて御祈祷致しました。御祈祷。その後、庫裡の広間にて新年会を行いました。

納めの観音

  • 2017.12.18 Monday
  • 21:00

観音様の縁日は、毎月18日です。

今日は今年最後の縁日という事で、納めの観音とよばれています。

 

瑞雲寺では、午後3時より観音堂にて御祈祷を行いました。

 

kan.jpg

観音様

成道会

  • 2017.12.10 Sunday
  • 19:00

12月8日は、お釈迦さまがお悟りを開かれた日「成道の日」。
成道(じょうどう)というのは、「仏教の修行を完成し、悟りを開くこと」という意味です。

 

お釈迦様は6年もの間行っていた苦行を捨てました。河の流れに身を清め、村の娘スジャータの乳粥の供養を受け体力を徐々に回復。そして、ブッダガヤの菩提樹という木のもとで、坐禅に入ります。悟りを開くまでここを動かないと決意し8日目、明けの明星を仰いだ時にお悟りを開き、仏陀(ブッダ)となられたのでした。

お釈迦様も、坐禅中でたくさんの誘惑があったことでしょう。それらを撥ね退けお悟りを開かれたお釈迦様の心を思い成道会の法要・坐禅を行いました。

 

R0012891.jpg

ブッダガヤの菩提樹

達磨忌

  • 2017.10.05 Thursday
  • 21:00

今日は達磨さんの命日である達磨忌です。拳法で有名な嵩山少林寺で坐禅修行された達磨さんは、壁に向かって九年間も坐ったと伝えられています。

達磨さんは、南インドの人で香至王の第三王子と伝えられています。般若多羅尊者について坐禅修行にはげみ、高齢になってから中国に渡りました。その後、梁の武帝と面接。国の発展の為に仏教を利用した武帝と考えが合わず、洛陽の郊外にある少林寺にて坐禅を行い九年間にわたったといわれます。これを面壁九年(めんぺきくねん)と呼んでいます。

その後、達磨さんの弟子慧可大師(えかだいし)が法を受け継ぎました。器から器へ水を移していくように各祖師方が法を受け継ぎ、やがて道元禅師に伝わりました。そのおかげで現在の曹洞宗そして瑞雲寺があるわけです。

 

達磨さんの命日にあたり午前10時に、湯・菓・茶をお供えし法要を行いました。

釈尊降誕会

  • 2017.04.08 Saturday
  • 21:00

今日は釈尊降誕会(しゃくそんごうたんえ)です。
わかりやすく言いますと、お釈迦様の誕生日であります。

お釈迦様は、母親であるマーヤー夫人が、白いゾウが天から降りてお腹に入る夢を見て懐妊されました。そして、無憂樹(むゆうじゅ:マメ科)の花が咲くルンビニ園(※現在ネパール)でお生まれになられました。

 

R0013056.jpg

ムラガンダクィー寺院の釈尊降誕図(※昨年のインド仏跡巡礼の旅 第5日目にて)

お釈迦さまが誕生されたのを見て、竜は天から降りて香り高いお湯と水を灌いで産湯につかったといわれています。
その後、お釈迦様は立ち上がり、七歩歩いて右手を天に、左手を地に「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」ととなえられたと伝えられています。七歩の内、六歩は六道輪廻の世界、さらに一歩進んで七歩歩かれたのは解脱(さとり)意味しています。(参照:インド仏跡ガイド 桜井俊彦著 法蔵館)

天上天下唯我独尊とは、私たち一人一人の存在は非常に尊い存在でありかけがえのないたった一つの命をもっているということです。我とはお釈迦様お一人のことではなくすべての人々が尊い命をもっているということを教えているのです。


午前9時30分より、瑞雲寺本堂にて降誕会の法要を執り行いました。

涅槃図と今年の干支

  • 2017.02.16 Thursday
  • 22:00

今年の干支は酉(とり)年です。涅槃図を見てみると鳥類が多いことがわかります。なぜ鳥類が多く描かれているのか調べてみましたがわかりませんでした。

 

涅槃図を見て思ったことは、お釈迦様は鳥たちにも慕われていたということです。鎌倉円覚寺の朝比奈宗源(あさひなそうげん)老師はおっしゃっています。

 

「わしは子どものとき、お寺の涅槃会におまいりして、ねはんだんごを食べながら、ふと涅槃図を見た。なんとお釈迦さまのまわりに、たくさんの人が泣いている。動物や鳥まで泣いている。わしも死ぬときには鳥にも泣かれるような人間になりたいと、子どもながらに思った。それがわしの出家の縁になった」(松原泰道著「釈尊最後の旅と死」祥伝社)。

 

鳥はおろか、うちで飼っている猫にも逃げられるようではまだまだだと思った一日でした。

 

最後に涅槃図にはどのような鳥が描かれているのか撮影してみました。

 

P1060103.jpg

今年の干支である鶏(酉)

 

P1060106.jpg

種類はわかりませんが、かわいらしい鳥達。

 

P1060107.jpg

人頭鳥身の迦陵頻伽(かりょうびんが)。美音鳥・妙音鳥と訳され、歌声が素晴らしい極楽に棲む鳥です。

節分

  • 2017.02.03 Friday
  • 21:00

今日は節分、季節の節目ということで、年に4回(立春・立夏・立秋・立冬)あるそうです。

 

18時より、瑞雲寺本堂に於いて、豆を供えて御祈祷した後、各部屋ごとに「福は内」という掛け声とともに豆をまきました。思い切って大量の豆をまきたかったのですが、回収が大変なので少量にしました。

 

P1060097.jpg
升に入った豆


瑞雲寺において豆まきの際の掛け声は「福は内」です。
その理由は、金龍山瑞雲寺の住所は金山字形、地名が鬼に関係のあることから「鬼は外」とは言わずに「福は内」と言って豆をまいています鬼

ちなみに鬼形という地名の由来ですが、金龍山の左側に鬼形山という山があります。
山の頂上には、鬼のように大きな石があったことから鬼形になったようです。

※鬼形山の鬼石についてはこちら
※丸森で「鬼」という字を使う地名は鬼形の他に大内の鬼ヶ柵があります。

高祖降誕会

  • 2017.01.26 Thursday
  • 21:00

今日は、高祖(こうそ)降誕会(ごうたんえ)でした。
「高祖降誕会」と言われてもピンとこないと思います。

わかりやすく申しますと、永平寺をお開きになられた道元禅師さまが誕生された日を祝う法会(ほうえ)のことをいいます。
午前11時より須弥壇に湯・菓・茶をお供えし御誕生を祝う法会を行いました。

 

本堂内は0℃でしたが、気温零下が続いたせいか、何となく暖かに感じた高祖降誕会でした。

初観音

  • 2017.01.18 Wednesday
  • 20:00

今日は、今年始めの観音様のご縁日(初観音)です。

今朝から天気が良く、飛行機の機種がわかるほどに空気が澄んでいました。

11時より、観音講の講長さん・講員の方々が集まり、観音堂にて御祈祷。その後、庫裡の広間にて新年会を行いました。

 

P1050935.jpg

金山上空を通過するANAの飛行機

どんと祭

  • 2017.01.15 Sunday
  • 21:00

14日午後9時、年縄・松飾り・昨年のお札などを注連縄で縛った後、今年一年無事に過ごせますよう瑞雲寺境内にてお焚きあげしました。風も無く穏やかな夜で、空高く昇って行く煙が印象的でした。

 

P1050916.jpg

境内でお焚きあげ

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM