昨日12月8日は、お釈迦さまがお悟りを開かれた日「成道の日」。
成道(じょうどう)というのは、「仏教の修行を完成し、悟りを開くこと」という意味です。

瑞雲寺ではお釈迦さまの悟りの日に因み、成道会(じょうどうえ)という法要をいとなみました。お釈迦さまが悟られた成道の日が大切なのはもちろんの事、悟りに到るまでの過程も大切であると思います。

お釈迦さまが生きていた当時の修行法には二種類ありました。それは坐禅瞑想して精神を統一する禅定。もう一つは断食(食を断つこと)などによる苦行です。

はじめ、お釈迦さまはある二人の仙人のもとで禅定の教えを受けていました。禅定に入っている時は不安や悩みを克服できても、一旦禅定から離れると、心に不安が戻ってくるのでした。

そのようなわけでお釈迦さまは、もう一つの修行法である苦行の道(断食:食を断つこと)に入りました。目は窪み、あばら骨が一つ一つ数えることができるほどに痩せ、肌の色はくすみ生きているとは思えない程だったといいます。

驚くことにお釈迦さまは、このような苦行を6年間も命がけで修行されていました。しかし、この苦行はお釈迦さまが思っている問題を解決するには到りませんでした。苦行は、肉体を苦しめ心に平安をもたらすどころか、ますます乱すものだったのです。

結局、苦行とは出家以前の享楽的な生活のもう一方の極端にしか過ぎないことに気づき、6年間の苦行を思い切って捨てる決意をしました。6年もの真剣に修行してきた苦行という積み重ねを捨てるというのはよほどの勇気がないとできるものではありません。

6年もの苦行を捨てるという大決意をされたお釈迦さまは、河の流れに身を清め、村の娘スジャータの乳粥の供養を受け体力を徐々に回復しました。そして、ブッダガヤの菩提樹という木のもとで、坐禅に入ります。悟りを開くまでここを動かないと決意し8日目、明けの明星を仰いだ時にお悟りを開き、仏陀(ブッダ)となられたのでした。

お釈迦さまのお悟りが無ければ、仏教は成り立ちませんでした。約2500年経った今でもお釈迦さまの教えを学ぶことの有難さに感謝して日々弁道精進していければと成道会の法要をしていて思いました。

 

R0012824.jpg

前正覚山の留影窟(※お釈迦様がお悟りを開くまで6年もの間苦行された洞窟)

 

R0012821.jpg

留影窟手前にある釈尊苦行のプレート

今日は達磨さんの命日である達磨忌です。

壁に向かって九年間も坐ったと伝えられ、壁観婆羅門(へきかんばらもん)とも呼ばれています。

達磨さんは、南インドの人で香至王の第三王子と伝えられています。般若多羅尊者について坐禅修行にはげみ、高齢になってから中国に渡りました。その後、梁の武帝と面接。国の発展の為に仏教を利用した武帝と考えが合わず、洛陽の郊外にある少林寺にて坐禅を行い九年間にわたったといわれます。これを面壁九年(めんぺきくねん)と呼んでいます。

その後、達磨さんの弟子慧可大師(えかだいし)が法を受け継ぎました。器から器へ水を移していくように各祖師方が法を受け継ぎ、やがて道元禅師に伝わりました。そのおかげで現在の曹洞宗そして瑞雲寺があるわけです。

 

達磨さんの命日にあたり午前10時に、湯・菓・茶をお供えし法要を行いました。

昨日29日は両祖忌(りょうそき)でした。

 

大本山永平寺をお開きになられた道元禅師様と、曹洞宗の発展の礎を築かれた瑩山禅師様(大本山総持寺開山)のお二人を両祖(りょうそ)といいます。

zenzi.jpg


道元禅師様は建長5年8月28日に54歳、瑩山禅師様は正中2年8月15日に58歳で亡くなられましたが、太陽暦で見ますといずれも9月29日にあたるところから、この日を両祖忌(りょうそき)と呼び、全国の曹洞宗寺院で法要が営まれます。

このお二人がいなければ曹洞宗の発展はありえませんでしたし、丸森の地に瑞雲寺が無かったかもしれません。両祖忌では、お二人を祈念しつつ法要を営みました。

今日4月8日はお釈迦様の誕生日です。

お釈迦様は、母親であるマーヤー夫人が、白いゾウが天から降りてお腹に入る夢を見て懐妊されました。そして、無憂樹(むゆうじゅ:マメ科)の花が咲くルンビニ園でお生まれになられました。

 

P1040318.jpg

デリー国立博物館の象牙に彫刻されたマーヤー夫人と白い像(※インド仏跡巡礼の旅 第7日目にて)

 

お釈迦さまが誕生されたのを見て、竜は天から降りて香り高いお湯と水を灌いで産湯につかったといわれています。その後、お釈迦様は立ち上がり、右手を天に、左手を地に「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」ととなえられたと伝えられています。意味は、私たち一人一人の存在は非常に尊い存在でありかけがえのないたった一つの命をもっているということです。我とはお釈迦様お一人のことではなくすべての人々が尊い命をもっているということを教えているのです。

 

R0013056.jpg

ムラガンダクィー寺院の釈尊降誕図(※インド仏跡巡礼の旅 第5日目にて)

瑞雲寺では、午前10時30分にお釈迦様の誕生日である「降誕会(ごうたんえ)」の法要を行いました。

 

P1080568.jpg

花御堂

 

釈尊降誕会は花まつりとも呼ばれています。

今年は珍しく花まつりの日に桜が満開でした。

 

P1080581.jpg

観音堂前の桜

 

P1080583.jpg

境内の水芭蕉

2月15日はお釈迦様がお亡くなりになられた涅槃会(ねはんえ)でした。お釈迦さまは、常に自分を省みず人の為に法を説かれました。自分自身を省みることの無い生涯をクシャナーラの沙羅双樹(さらそうじゅ)のもとでとじられたのです。お釈迦さまがお亡くなりになられた光景を絵にしたのが涅槃図です。涅槃会というお釈迦様の御命日にあたり、午前9時半より瑞雲寺本堂において法要を執り行いました。

 

P1070929.jpg

瑞雲寺の涅槃図

 

今年の干支である犬を探してみました。

 

P1070960.jpg

おそらく犬だと思います。

昨日は節分でした。19時より、寒さ厳しい瑞雲寺本堂に於いて、豆を供えての御祈祷。その後、各部屋ごとに「福は内」という掛け声とともに豆をまきました。本音を言いますと、思い切って大量の豆をまきたかったのですが、回収が大変なので少量にしました。

 

瑞雲寺の住所は、丸森町金山字鬼形です。鬼の一文字が入っておりますので「鬼は外」とは言わず「福は内」とだけ言って豆をまいています。そもそもなぜ鬼形という地名かと申しますと、金龍山の左側に鬼形山という山があります。その鬼形山の頂上には鬼石という大きな花崗岩があることから鬼形となったようです。

 

P1070924.jpg

金棒を持った鬼

今日は大本山永平寺をお開きになられた道元禅師さまのお誕生日高祖降誕会(こうそごうたんえ)です。

 

わかりやすく申しますと、永平寺(※福井県)をお開きになられた道元禅師さまが誕生された日を祝う法会(ほうえ)のことをいいます。
午前11時過ぎより須弥壇に湯・菓・茶をお供えし御誕生を祝う法会を行いました。

「かんじざいぼさつぎょうじんはんにゃ」般若心経の最初に出てくる観音様(梵語ではアヴァローキテーシュヴァラ)。
観音様は、とてもやさしいお姿をしていらっしゃいます。観音様のお経である普門品では、あまねくこの世に生きている人々を救うため三十三の姿に変わると説かれています。三十三とはたくさんという意味です。

jiboka.jpg


18日は、一年で一番初めの縁日「初観音(はつかんのん)」の日です。
観音講の講長さん・講員の方をはじめ、観音様を信仰する方が集まり、瑞雲寺観音堂にて御祈祷致しました。御祈祷後、庫裡の広間にて新年会を行いました。

観音様の縁日は、毎月18日です。

今日は今年最後の縁日という事で、納めの観音とよばれています。

 

瑞雲寺では、午後3時より観音堂にて御祈祷を行いました。

 

kan.jpg

観音様

12月8日は、お釈迦さまがお悟りを開かれた日「成道の日」。
成道(じょうどう)というのは、「仏教の修行を完成し、悟りを開くこと」という意味です。

 

お釈迦様は6年もの間行っていた苦行を捨てました。河の流れに身を清め、村の娘スジャータの乳粥の供養を受け体力を徐々に回復。そして、ブッダガヤの菩提樹という木のもとで、坐禅に入ります。悟りを開くまでここを動かないと決意し8日目、明けの明星を仰いだ時にお悟りを開き、仏陀(ブッダ)となられたのでした。

お釈迦様も、坐禅中でたくさんの誘惑があったことでしょう。それらを撥ね退けお悟りを開かれたお釈迦様の心を思い成道会の法要・坐禅を行いました。

 

R0012891.jpg

ブッダガヤの菩提樹


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM