うろこ雲とイチョウの葉

  • 2018.08.20 Monday
  • 22:00

暑かったお盆が過ぎ、一気に秋のような気候に変わってしまうほどのめまぐるしい変化に体がついて来れない自分がいます。空を見るとうろこ雲、イチョウの木を見ると一部が黄色に変化していました。

 

P1090248.jpg

細かいうろこのような雲

 

P1090253.jpg

秋を感じさせるうろこ雲

 

P1090252.jpg

昨年に比べて約一週間早くイチョウの葉が黄色に変わりました。

お盆の夕方

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 20:00

夕方に行う施食会が終わり、大森山方面に目を向けると山と山に溜まった霧を見ることができました。おそらく15時頃に降った雨の影響かもしれません。

 

P1090244.jpg

右端の山は大森山

亘理地塁山地の雲

  • 2018.08.03 Friday
  • 22:00

亘理地塁山地に雲がかかり始めた時、山頂ではどのような状況になっているのかだいぶ前から興味がありましたので、角田市にある四方山へ行ってきました。(※7月中にブログで公開する予定でしたが、8月になってしまいました。)

 

P1090005.jpg

亘理地塁山地に雲がかかっている風景。

 

P1090011.jpg

四方山の展望塔。雲に包まれていると思いきや青空が見える程に晴れていました。

 

P1090012.jpg

展望塔の下は昇ってくる雲で真っ白。画像は亘理・山元方面です。

 

P1090013.jpg

亘理・山元方面は雲で見えません。

 

P1090018.jpg

山頂を境に雲が下がっていきます。葉っぱがざわつくように風が吹いていました。

 

P1090015.jpg

こちらは角田方面。

 

P1090027.jpg

角田方面に降りる雲。水墨画のように幻想的な光景でした。

 

 

この日、四方山には車・バイク・歩きの人など、結構人がおりました。

休日の暑い日に雲がかかりましたら、涼みに行ってもいいかもしれません。

小富士山の夕焼け

  • 2018.07.22 Sunday
  • 20:30

小富士山の夕焼けが綺麗でしたので撮影してみました。

 

P1090083.jpg

小富士山と夕焼け

 

P1090079.jpg

夕日に照らされた佐野製糸場の石垣

仙台から帰ってきての空

  • 2018.07.12 Thursday
  • 18:00

昨日は仙台サンプラザ会場の「第四回曹洞宗宮城県檀信徒集会」がありました。江川辰三猊下御親修 東日本大震災・自然災害物故者追悼諷経、丸山劫外老師の御法話、駒澤大学マーチングバンドの演奏がありました。

 

P1090029.jpg

ステージにて撮影

 

仙台から帰って来て鐘楼堂から仙台方面の空を見ますと、雲が地面と平行するような光景を目にしました。とても珍しい雲でしたので撮影してみました。

 

P1090041.jpg

地面と平行の雲の風景

雲から生まれたような雲

  • 2018.07.05 Thursday
  • 21:00

雲から生まれたような雲?うまく説明できません。

不思議な形をした雲を撮影してみました。

 

P1080996.jpg

何とも形容しがたい雲

 

P1080994.jpg

ズームにて撮影

細長い雲

  • 2018.05.31 Thursday
  • 21:00

比較的涼しい日に現れる、阿武隈山地特有の細長い雲を撮影することができました。

 

P1080868.jpg

細長い雲

原町の土手の風景

  • 2018.05.11 Friday
  • 20:30

原町の土手でぽっかり浮かぶ雲が印象的でしたので撮影してみました。

今日は気持ちが良いほどの晴天で、土手からはっきりと蔵王山の残雪がきれいに見えました。

 

P1080734.jpg

原町の土手にて撮影

 

P1080736.jpg

原町の土手から見える蔵王山

今日は満月

  • 2018.03.31 Saturday
  • 21:00

今日3月31日は、旧暦でいう2月15日(釈尊涅槃会)です。お釈迦様が入滅された日にあたり、午前10時より涅槃会の法要をいたしました。

 

旧暦の2月15日は必ず仏滅となっています。よく考えてみれば当たり前の話で、旧暦の1月1日は先勝、2日は友引、3日は先負、4日は仏滅、5日は大安、6日は赤口。一巡して7日は先勝・・・・と六曜は繰り返して、2月15日は仏滅となるわけです。

「十五日の月は満々としてすこしも欠けたところがないように、仏陀も大涅槃に入ってすこしの欠減もない。この意味を表わすために十五日を入滅の日に選んだのである」(現代意訳 大般涅槃経)

 

P1080494.jpg

涅槃図の満月

 

P1080514.jpg

瑞雲寺から見た満月

雲の祭典のような日

  • 2018.03.19 Monday
  • 21:00

今日は雲の祭典のような一日でした。

短時間の内に雲の形がどんどん変わっていく様子は見ていて楽しかったです。

 

P1080436.jpg

金山の土手から撮影

 

P1080443.jpg

長根の道路から撮影

 

P1080449.jpg

瑞雲寺境内から撮影

 

P1080450.jpg

瑞雲寺上空

 

P1080452.jpg

最後は魚のような雲

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM