守り刀

  • 2019.02.04 Monday
  • 22:00

火葬場で読経をする時、棺の上に守り刀が置かれているのを目にします。キラッと光る刀は相手を威嚇し斬るといった武器としてのはたらきがあります。亡くなった方のそばに刀を置くことによって魔物や悪霊を祓う力があるとされているわけです(※所説あります)。光るものといえば鏡。これも刀と同様、光かがやきものを映し出すことから魔物や悪霊を祓う力があるとされ、亡くなった方のそばに置かれたそうです。実際、自転車で旅をして、周りに何もないところで野宿をした際、枕元に十徳ナイフをそばに置いて寝ると安心することがありました。おそらく守り刀の考えと通じるものがあるのだと感じました。

 

金山地区の台町古墳で出土されたものに六鈴鏡と直刀があります。古墳時代の人々も光ものをそばに置くことによって安心してあの世に旅立たれたことと思います。

 

P1000029.jpg

台町古墳出土の六鈴鏡と直刀

 

六鈴鏡・直刀の他に出土されたものに蕨手刀(わらびてとう)があります。この刀は金山歴史散歩という本によりますと、大正年間に金山の横穴墓から出土されたと伝えられています。実戦に適応された造りで制作年代は八世紀ごろと推定されています。蕨手刀とは刀を持つ柄の部分が山菜のわらびのような形をしていることから、この名前がつきました。

 

R0013652.jpg

蕨手刀

 

この蕨手刀は副葬された刀とは思われないほど錆びていないようで、どのような刀だったのかずっと前から興味を持っていました。金山歴史散歩では白黒の写真の為、どのような色をしているのかわからないものの、切れ味はとても鋭そうな印象を受けました。

 

つい最近、日本の歴史という朝日新聞社発行の本を読んでいるとき、台町古墳出土の蕨手刀がカラーで出ているのを発見。紙面から受ける輝きに感動してしまいました。

 

R0013650.jpg

赤い矢印の刀が、台町古墳から出土されたと伝えられる蕨手刀。

 

説明によると、台町古墳から出土されたと伝えられる蕨手刀は鉄質がよく残り研磨することのできる稀有なものだそうです。鍛え肌には鎌倉時代の日本刀と共通する点が多くみられるとのことでした。

 

R0013651.jpg

蕨手刀の発見分布図

 

台町古墳のある所は、金山という名前の地区です。金山の地名の語源は良質の鉄が取れたことから名づけられたそうです(※武田信玄の兜にも使われたという伝説がある)。また、鉄分を含んだ土を使い金山紬として江戸時代、仙台藩の特産品として名が知れ渡ったといいます。鉄の取れた地域名は鬼形(正式には上片山)です。鬼という字を使った地名には鉄に関することが多いと聞いたことがあります。良質な鉄が取れた金山鬼形地区ですが、この蕨手刀はどこで造られたのかは不明です。

 

最後に守り刀という習俗を通じ蕨手刀はもしかして金山で造られたのでは?と想像するのも面白いものだと思いました。

 

P1000041.jpg

蛭田鉄山跡(※入口をコンクリートでふさいである)

 

P1000034.jpg

鬼形山の麓で見つかる鉄を作る過程で出る鉄滓?

 

蕨手刀.jpg

お館山の駐車場に新しい案内板

  • 2018.05.20 Sunday
  • 20:30

お館山の駐車場(坂町)に新しい案内板ができたということで行ってきました。

 

P1080740.jpg

新しく設置された金山城址案内板

 

案内板には、どのようにして建物が建っていたのか絵と写真で説明されてあるのでとてもわかりやすくなっています。

 

 

久しぶりのお館山登山

 

時間がありましたので、久しぶりにお館山に登ってきました。

 

P1080753.jpg

お館山の頂上

 

P1080748.jpg

田んぼの季節が到来

 

P1080763.jpg

蔵王山と新丸森橋・モダン橋が見えます。

 

P1080767.jpg

雉尾川と金山の町並み

 

P1080755.jpg

渓水寺・御霊屋・瑞雲寺・佐野製糸場跡は残念ながら見えませんでした。

 

御霊屋はお館山と向かい合うようにして造られた中島公の廟所です。

お互いの頂が見えるようになれば、廟所を造った中島公もうかばれるのではないかと私は思います。

 

P1080772.jpg

新緑のお館山

 

お館山に登山されましたら、ぜひ金山神社にお参りして下さい。

時間はそんなにかかりません。

五つの頂が見える所

  • 2018.04.29 Sunday
  • 19:30

2015年から2016年にかけて、当ブログで金山のシンボルであるお館山の魅力を5回に分け紹介させて頂きました。

 

お館山の魅力を探っていて面白い場所に気づきました。その場所とは雉子尾川の土手です。本当は6回目を雉子尾川の土手を紹介して終わる予定でしたが、だいぶ間が空いてしまいました。

 

雉子尾川の土手の周りを見渡すとお館山はもちろんの事、御霊屋小富士山鬼形山長者山(※リンクは瑞雲寺だよりの記事です)、さらには蔵王山、大森山、鹿狼山を遠くに望むことができる絶好の散歩コースとなっております。

 

いつも車での移動が多いのでたまには近くの土手を歩いてみました。

 

P1080679.jpg

雉子尾川の土手

 

P1080673.jpg

お館山

 

P1080676.jpg

御霊屋

 

P1080671.jpg

小富士山

 

P1080675.jpg

鬼形山と佐野製糸の石垣

 

P1080682.jpg

長者山

 

kaneyama.jpg

雉子尾川の土手と各山の関係

 

5つの山の高さは50m〜260m位です。もしこの場が都会であるならば、これだけのビルを造るのにいくらかかるのか想像してしまいました。今回、新緑の季節に散歩してみて、天然のビル?が立ち並ぶ金山の魅力に改めて気付かされました。

冥護山館跡

  • 2018.02.16 Friday
  • 20:00

今日の午後、冥護山(みょうごやま)墓地に用事があり行ってきました。昨日は記念講演(於あぶくま荘)で伊具の城館についてお話を聞いたばかりというのもあり、ついでに冥護山館跡にも行ってみました。服装は着物でしたので、裾が汚れないよう気を使いましたが、雪はすっかり溶けて歩きやすかったです。

 

P1070984.jpg

冥護山館跡の説明

 

P1070986.jpg

冥護山館跡の入口

 

P1070987.jpg

ここから冥護山館跡になります。

 

P1070989.jpg

太陽に照らされた落ち葉が良い感じです。

 

P1070992.jpg

凹型の道

 

P1080009.jpg

昔は重機はありませんでしたから残った土砂の処理は大変だったと思います。

 

P1070988.jpg

空堀

 

P1070996.jpg

土塁

 

P1070997.jpg

ここから急になります。

 

P1080001.jpg

冥護山館本丸跡

 

P1080002.jpg

ここが冥護山の頂上になります。木々の間からはお館山(金山城)が見えました。

 

P1080010.jpg

冥護山墓地からの鹿狼山を眺めることができます。

 

myougo.jpg

冥護山館跡の行き方はグーグルマップで確認した方が良いです。

あぶくま荘にてほら貝

  • 2018.02.15 Thursday
  • 21:00

平成29年度社会福祉事業功労者表彰式の記念講演の最初と終わりに盛り上げ役としてほら貝を吹いてきました。記念講演の講師は金山歴史伝承会の榎並氏、演題は「初陣の地 伊具の城館」です。

 

P1070967.jpg

演題「初陣の地 伊具の城館」

 

記念講演が終わり、あぶくま荘にて食事を頂いた後、再びほら貝を吹きに丸森の土手に行ってきました。ここは伊具の三城が見える所で、ほら貝を吹くには最高の場所です。

 

P1070978.jpg

持っていったほら貝

 

P1070970.jpg

土手のあずま屋

 

土手から伊具の三城を望む

 

P1070973.jpg

金山城

 

P1070974.jpg

丸山城

 

P1070975.jpg

小斉の櫓

 

P1070976.jpg

丸松

 

P1070977.jpg

霊峰斗蔵山

 

風はとても強い日でしたが、いい練習ができました。

狼煙上げのイベント

  • 2017.11.25 Saturday
  • 19:00

数日前、小斎まちづくりセンターより金山歴史伝承会副会長の榎並さんを通じてホラ貝の依頼がありました。こういうイベントは大好きですので喜んで参加する旨を榎並さんに伝えました(※3年前の狼煙上げのイベントはこちら)。昨日は現地の下見とセンターにて狼煙上げイベントの流れの確認をしました。

 

狼煙上げに持って行くホラ貝は何にしようか今朝まで迷いました。悩んだ末に、寒暖の差による音の変化が少なく五音が出やすいオールラウンダーのホラ貝を持っていくことに決定。その後、自家用車で小斎の物見櫓へ直行。

 

午前10時40分、私のホラ貝の音を合図に狼煙が上がり始めました。榎並さんがおっしゃるには、狼煙は燃やすというよりも燻して煙を出すのがコツだそうです。

 

狼煙が上がったところで風の向きが変わりだし、裃を着た弓師の方達は煙で大変そうでした。その後、金山城(お館山)、矢ノ目館、丸山城と狼煙を確認することができました。

 

狼煙上げの企画・準備は大変だったと思います。このようなワクワクするイベントは、これからも続けてもらいたいものです。

 

IMG_033.jpg

狼煙上げのチラシ

 

P1070558.jpg

小斎の物見櫓

 

P1070576.jpg

小斎の狼煙は瑞雲寺(金山)からも見えたそうです。

 

P1070577.jpg

金山城の狼煙はまるで龍のよう

 

P1070573.jpg

矢ノ目館は綺麗に狼煙が立ち昇りました。

 

P1070579.jpg

丸山城は風があったようでしたが、狼煙は確認することができました。

 

P1070560.jpg

最後は、櫓から約15キロ先の仙南クリーンセンターからの狼煙

角田毛萱の石碑

  • 2017.06.16 Friday
  • 21:00

大河原へ行く時、信号機手前に気になっているものがありました。いつもは気になっていながらも通り過ぎてしまうのですが、思い切って行ってみることにしました。

 

矢印のところにあります。

 

P1060669.jpg

とても気になる建物

 

P1060670.jpg

近づいてみると屋根の下には石碑がありました。

 

P10601378.jpg

一番大きな石碑には梵字らしきものがかすかに確認することができました。

 

 

この石碑は何が彫られているのだろうかと「角田市の文化財」(角田市教育委員会発行)で調べてみました。

 

P1060144.jpg

角田市の文化財より

 

P1060145.jpg

おそらく、キリーク(阿弥陀如来)が彫られていたのだろうと思われます。

 

「角田市の文化財」では、梵字のみ彫られた石碑は、紀年名や施主名が彫られていないことから、建立の趣旨等については推察するに留めてありました。

 

車の時代となり、石碑を見ることなく通り過ぎて行くことが当たり前となりました。たまには車から降りて、歩きが当たり前であった時代を偲んでみるのも良いですね。

伊達学塾にてほら貝

  • 2017.04.22 Saturday
  • 22:00

本日14時より仙台戦災復興記念館5階会議室を会場に、金山歴史伝承会副会長の榎並さんが講師としてお話をされました。(※仙台藩志会公開歴史講座伊達学塾)

 

丸森にある城を中心に「伊達政宗 初陣の地 伊具の城舘」と題し、配布された資料と数年間景観を整えられた経験(※木の伐採・案内板作り・道の整備等)を元に、わかりずらい戦国時代特有の言葉をかみくだいた上でお話されていました。講座の途中、私はほら貝の歴史や実演など約10分間お話させて頂きました。

 

P1060381.jpg

講師の榎並さん

伊達学塾

  • 2017.04.13 Thursday
  • 21:00

金山歴史伝承会からのお知らせです。

4月22日(土)仙台戦災復興記念館5階会議室を会場に仙台藩志会公開歴史講座伊達学塾にて、金山歴史伝承会副会長の榎並さんが講師としてお話をされます。

 

開催時期:平成29年4月22日(土)14時〜16時 定員130名

会  場:仙台戦災復興記念館 5階会議室

演  題:伊達政宗「初陣の地 伊具の城舘」

参加費 :700円(資料代)

 

参加ご希望の方は、直接会場に開始30分前までに来てくださいとのことでした。

某怪獣の視点に立てる山

  • 2017.02.24 Friday
  • 22:00

昨年のヒット映画「シン・ゴジラ」。

もし、日本にゴジラが上陸したらどうなるのだろうかと考えさせられた映画でした。

 

このゴジラの身長は118.5メートルだそうです。

ゴジラが丸森に来たらどうなるのか?118.5メートルをキーワードに丸森町内を探してみました。

 

P1050903.jpg

「ジ・アート・オブ シン・ゴジラ」より

 

ゴジラの身長と同じくらいの山は丸森町内に何ヶ所かありますが、見晴らしが良いという条件を付け加えると数はぐっと下がります。100メートル前後の山で最適だったのは「お館山」でした。なぜならお館山は独立峰でとても見晴らしが良いからです。

 

P1060006.jpg

国土地理院では117.1mとなっておりゴジラの身長とほぼ同じ位の高さ。

 

P1040804.jpg

金山小から見たお館山。

ゴジラが金山に来るとなると写真のような感じなのでしょうか。

 

お館山の標高は、ほぼゴジラと同じ位の高さで、しかも見晴らしが良いときています。ゴジラの目線から丸森の地がどのように見えるのだろうかと想像するととても面白い山だと言えます。戦国の山として魅力の山でありますし、ゴジラの目線に立って風景を眺めるのもいいかもしれません。

 

P1050889.jpg

四等三角点

 

R0012382.jpg

お館山からの見晴らし

 

otate.jpg

お館山の登り方

 

ちなみにゴジラの第3形態の身長は57メートル。お館山から見える長者山の詳しい高さはわかりませんが、国土地理院の地図から推測すると大体50数メートル位のようです。

 

P1030585.jpg

瑞雲寺から見た長者山

 

tyoujya.jpg

長者山への登り方

 

P1060004.jpg

長者山とお館山

 

暖かくなりましたら登って見てはいかがでしょうか。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM