木魚

  • 2017.06.30 Friday
  • 21:00

「ポクポクポク・・」と皆さんが一度は耳にしたことのある木魚は、もともと食事の時に鳴らされていた魚形の鳴器でした。明の時代にお坊さんが唱えるお経の調子を整える為につくられたものが木魚となり、食事の時に鳴らされていた木魚は「梆(ほう)」と呼ばれるようになりました。

 

P1060706.jpg

昔は「木魚」と呼ばれていた「梆(ほう)」

 

なぜ寺に魚なのかといいますと、まぶたの無い魚は昼夜眠らないことから、怠りなく修行すれば凡(魚)を転じて聖(龍)となることができるということで、上の写真のような形になりました。

 

P1060707.jpg

滝を昇る魚と雲から顔を出す龍

 

現在の木魚の形は雌雄の龍(※元は魚)が珠をくわえている姿となっております。木魚の材質、バイ(※木魚を叩く棒のようなもの)にもよりますが、大きければ大きいほど「ドッドッ・・」といった低音が増し、小さくなるほど「ポクポク・・」といった高音になります。

 

P1060687.jpg

瑞雲寺にある木魚

 

P1060725.jpg

横から撮影

 

一本の木から木魚の形に削り、さらに音が鳴るように隙間を利用して中身も削るという職人の技術には目を見張るものがあります。雌雄の龍が一つの珠をくわえているデザインは一緒であるものの大量生産できない一品物ですので、各寺院様の木魚を拝見する際、微妙に違っていることに新鮮さを感じます。

 

P1060693.jpg

小さい木魚と大きな木魚の比較

 

P10606877.jpg

木魚を逆さまにしてみました。雌雄の龍が珠をくわえる姿となっているのがおわかりだと思います。

 

木魚がいくら良いものでも、叩き手が悪ければいい音が出ません。私の修行時代も先輩に教えられ練習しました。ただ叩くだけではダメで、手首のスナップを利かせるのが重要だと教えられた記憶があります。まるで野球部ですね。

 

木魚は誰でもバイを持って叩けば音が出ます。しかし、簡単に見えるものほど、聞き手はすぐに叩き手の力量がわかってしまうという実に難しく奥が深い鳴器だと思いました。

 

P1060695.jpg

瑞雲寺の一番小さな木魚

 

小さくなると彫刻が甘くなり、何となく仮面ライダーに似てきます。それもまた木魚の魅力の一つです。

 

P1060698.jpg

 

仮面ライダー型の木魚はありませんが、ウルトラマンの木魚は製作・販売されていたようです。

昭和のゲーム

  • 2017.04.29 Saturday
  • 22:00

今日は昭和の日。昭和の頃は「天皇誕生日」という祝日でした。

以前、当ブログでは昭和の日にちなみ、ラジカセを紹介しました。

 

ラジカセ以外に昭和なモノは何かないかと探してみると、なんと机の引き出しの中にありました。

昭和なモノの正体は、ボタン電池二つで動く液晶ゲーム機です。

 

この液晶ゲーム機の名前は「バクダンマン」。

ビルから敵が落とす爆弾をただひたすら受け取るゲームです。

 

ロールプレイングゲームのようにクリアするのに何十時間もかかるものではなく、長くて10分で終わってしまいます(※私は1万点が限界)。爆弾を受け取る場所は、真ん中、右、左の三か所、移動は右・左のボダンだけです。点数が増えていくにつれ、ビルから落ちる爆弾の速度が増し、集中しないと受け損なってゲームオーバー(※3回受け損なうとゲームオーバー)になってしまいます。この緊張感が単純ながらとても面白いゲームになっています。

 

瑩山禅師のお言葉に「茶に逢うては茶を喫し、飯に逢うては飯を喫す」というのがあります。

意味は、お茶を飲む時はお茶を飲むのに徹し、ご飯を食べる時はご飯を食べることに徹しなさいということです。

 

このバクダンマンは、〇〇しながらというのができないほど一事に徹することができる液晶ゲーム機なので、今でも空いた時間に手にとることがあります。皆さんにおすすめしたい液晶ゲーム機ですが、あまりに古く手に入れにくいため紹介するに留めます。

 

今日は昭和の日にちなみ、昭和のゲームを紹介しました。

 

P1060473.jpg

バンダイ「バクダンマン」。一事に徹することができるゲームです。

トゲのある梵鐘

  • 2015.10.14 Wednesday
  • 22:00
トゲのある梵鐘をご存知でしょうか?

名古屋のお寺で修行していた時、あるお坊さんが「名古屋市内に不思議な形をした梵鐘があるんだよ」と、私に話をしてくれました。「不思議な形ってどのような形なんですか?」と尋ねると、そのお坊さんが言うには、その梵鐘にはトゲがあるらしいとのことでした。修行中は勝手に外に出る事は禁じられていましたので、トゲのある梵鐘を見ることなく、時とともに忘れてしまいました。

月日が経ち2011年、岡本太郎生誕100年を記念したアートのフィギュアが販売され、その中に「歓喜」と名づけられた異様な形をした梵鐘がありました。その形はまさに、名古屋のお寺で修行していた時、お坊さんに聞いたトゲのある梵鐘でした。

修行していた当時、見ることが叶わなかった私は、何とか梵鐘のフィギュア(定価400円)を手に入れることができました。

それでは普通の梵鐘とトゲのある梵鐘を比べてみたいと思います。

普通の梵鐘(瑞雲寺)

P1000342.jpg
梵鐘の基本形


こちらがトゲのある梵鐘

P1010916.jpg
「どうせ作るなら古今東西、いまだかつてなかったような形にしたい。鳴らなかったら勝手にしろ。ならばいっそ純粋な感動、造形をそのまま叩きつけてみよう。過去のキマリや、こちらの素直な情熱をはばむ、あらゆる制約、危険を蹴とばし、体当たりして闘ってこそ、ひらけるのだ。それにこうゆう一見無謀と思われる冒険をのりこえると、いいようのない自信が全身をみたしてふくれあがってくる。」(「原色の呪文」「梵鐘を作る」文芸春秋1968年)

P1010920.jpg
「宇宙を象徴するモチーフ。この一個の鐘に万物を濃縮するのである。それは仏教の教義の中でも広大な宇宙観である。『曼荼羅』の思想に通じる。鐘自体が曼荼羅であって、打ち鳴らすと、仏・菩薩・妖怪・人間・動物・宇宙全体が叫ぶ。もっとも灼熱的な部分は人間である。無数の角のように突き出した腕、宇宙に舞、身を躍らせ、絶対に向かって呼びかけ、手を差しのべる。迷いながら絶対に合一する。」(「原色の呪文」「梵鐘を作る」文芸春秋1968年)

P1010921.jpg
鐘の下部には、坐って瞑想する仏、動物、サカナ、妖怪、その他、つまり森羅万象のレリーフ。それを打ち鳴らす音色は、よろこび、悲しみ、苦痛、うめき声、それらがいいようのない振幅で響きわたる。」(「原色の呪文」「梵鐘を作る」文芸春秋1968年)


この梵鐘は現在、名古屋の久国寺様(曹洞宗)にございます。
自転車旅ではあろうことか通り過ぎてしまったお寺さんです。
今度名古屋に行くことがあれば行って鳴らしてみたいですね。

塔婆専門店

  • 2015.08.08 Saturday
  • 21:00
今日は連日の猛暑から解放された涼しい一日でした。
ここぞとばかりに、お盆に向けて墓地の見まわりに行ってきました。

瑞雲寺境内にある歴代住職のお墓に二本の角塔婆が立っています。
片方の角塔婆の屋根の下では蛙が休んでいました。

P1010616.jpg
角塔婆の屋根の下で休む蛙


寺に戻り、角塔婆が気になりましたのでネットで調べてみると・・・
あるわけないだろうと思っていた塔婆専門のサイトとブログがあったのです。

正直言って「塔婆」というあまりの専門性に驚いてしまいました。
食事であればカレー・うどん・ラーメン・牛丼に特化したお店が一般的になっていますが、「塔婆」に特化したサイトで一体誰が購入するのかといえば、間違いなくお寺さんでしょう。

もし私が塔婆屋さんだったら、顧客になるであろうお寺さんに対しブログに何を書けばいいのだろうかと真剣に考えてしまいました。例えば「環境にやさしい一年で朽ちる塔婆」「墨が滲まない塔婆」の御紹介や、塔婆作成の作業風景などでしょうか。

塔婆の歴史や成り立ちなどの話で何とか続けられるかもしれませんが、あまりの専門性にいずれネタ切れを起こしそうなので、思い切ってブログを閉鎖しホームページ一本に絞って商売するでしょうね。

今日は余計なことで悩んでしまいました。

インドの仏展で購入したモノ

  • 2015.05.16 Saturday
  • 19:00
インドの仏展を見終わりミュージアムショップに立ち寄りました。
記念にインドの仏の図録を購入。値段は2500円でちょっと高めでしたが、ページをめくるたびに思い出せるのが図録の良いところだと思います。

その他に面白いものとして、レトルトのインドカレーが販売されていました。
結局、私が購入したのは、図録の他にポストカードと謎のキーホルダーです。

購入したものを写真で紹介したいと思います。

図 録

R0012114.jpg
インドの仏の図録

R0012115.jpg
弥勒菩薩坐像

ポストカード

R0012113.jpg
左より仏足石、菩提樹(悟り)の礼拝、法輪(教え)の礼拝のポストカード
(※お釈迦様を象徴表現しているのを中心に選びました)

謎のキーホルダー

R0012109.jpg
インドの仏と描かれた謎のキーホルダー

R0012111.jpg
暗闇でボタンを押すと弥勒菩薩様が投影される仕掛けになっています。

イム?

  • 2015.02.12 Thursday
  • 20:30
先週、東京で用事がありましたので新幹線に乗ってきました。
ところで新幹線の座席の後ろに「通販用カタログ」と「トランヴェール」という無料の冊子があるのをご存知でしょうか?
実を言うと私の新幹線に乗る楽しみは、外の風景とトランヴェールを読むことなのです。

P1000709.jpg
無料でもらえる「トランヴェール」2月号

ページをめくってみると、「北陸が育んだ天才絵師たち」と題して、長谷川等伯の絵が載っていました。
長谷川等伯というと、高校生の頃に見た美術の本の中で紹介されていた「松林図屏風」が印象的でした。白い紙に墨一色だけで雨上りの松を描いた「松林図屏風」のレプリカが手に入ることがあれば、まずは瑞雲寺本堂か庫裡に置きたいですね。(※屏風のレプリカといえど結構いい値段はするのではないでしょうか)

P1000713.jpg
国宝「松林図屏風」

私の中で等伯というと「松林図屏風」の印象が強いのですが、「涅槃図」を描いているのを知って驚きました。
トランヴェール2月号に「松林図屏風」とは対照的な、カラフルな「涅槃図」が掲載されており、しばしの間、眺めていましたら面白い動物を発見。下に涅槃図の写真を載せておきましたので、探してみてください。

P1000710.jpg
仏涅槃図

P1000712.jpg
いるはずの無い動物がいます。





正解は・・・








P1000711.jpg
猫でした。

もし新幹線に乗ることがありましたら、トランヴェールで探してみてはいかがでしょうか。



上野に到着し、上野公園付近を歩いていると遠くに変な文字を発見。
何やらインドイムと書いてあるようです。ところでインドイムって何でしょうか?近くに行ってみました。

P1000695.jpg
赤丸のところに注目

P1000696.jpg
近くに行って確認してみると、「インドの仏」と書いてありました。


3月17日から5月17日、東京国立博物館で特別展があるそうです。
次回、東京へ行くことがあれば国立博物館に立ち寄ってみたいですね。

坐禅のアプリ

  • 2014.12.10 Wednesday
  • 19:00
私が坐禅をする時は、時計に頼らず香炉に線香を立てて行います。
なぜ時計を使わないかといいますと、時間に囚われてしまうからです。
香炉に線香ですと「あと何分」などと時間に囚われることなく坐禅に取り組めるような気がします。

線香を使うといった昔ながらの方法を選んでいる私ですが、今では坐禅のアプリという便利なモノが出てきました。スマートフォンを使用されている方にとって、坐禅に興味を持つきっかけになるのではないでしょうか。

約2年程前に坐禅のアプリ「雲堂」を当ブログで紹介しましたが、曹洞宗でも出したようです。
早速ダウンロードして、どちらが良いのか実際に坐って比較してみました。

雲堂

P1000282.jpg
こちらが「雲堂」のアプリ。時間の設定は1分間から60分間。

P1000281.jpg
このアプリは、累積坐禅回数と時間が表示されるところが良いですね。
回数や時間が記録されることによって、坐禅に対するモチベーションが持続できるのではないでしょうか。
また、坐禅をした人数が表示されるなど、自分一人だけじゃないと感じさせる機能が素晴らしいです。


曹洞宗公式アプリ「心の鏡

P1000279.jpg
こちらが「心の鏡」のアプリ。坐禅と写経ができます。

P1000276.jpg
このアプリのすごいところは、坐禅中に体が動くとバイブと音が鳴りグラフに反映するところです。
初心者にとっては、良い機能だと思います。

P1000278.jpg
試しに1分間やってみました。写真のような感じで記録されます。

P1000277.jpg
時間の設定は1分間から60分間。

どちらも無料ですのでダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

立ち寄りたいお寺

  • 2014.10.16 Thursday
  • 19:00
今、藤子不二雄A先生の自伝的漫画「愛…しりそめし頃に…」を読んでおります。
この漫画は「まんが道」の続編で、昭和30年代、若き漫画の巨匠達とトキワ荘で過ごした日々が描かれています。

藤子不二雄A先生が、お寺の生まれというのは噂で知っていたのですが、本当だとは思ってもみませんでした。もし漫画家になっていなければ富山のお寺の住職になっていたのでしょうか?

現在、生家であるお寺の境内には「忍者ハットリくん」「怪物くん」「プロゴルファー猿」「笑うセールスマン」の石像があるそうです。13年前の自転車旅の時は、あろうことか素通りしてしまいました。今思うと悔やまれるところです。
もし、富山県に行くことがあればぜひ立ち寄りたいお寺ですね。

RIMG1242.jpg
「愛…しりそめし頃に」

RIMG1245.jpg
手塚治虫先生といえば・・・お医者さんなら「ブラックジャック」、お坊さんなら「ブッダ」ですね。
一番多く読んだのは「ブラックジャック」。なぜかと言いますと、中学校の図書室に全巻あったからです。

RIMG1236.jpg
自分も本堂で遊びました。

RIMG1246.jpg
曹洞宗のお寺だったんですね。

RIMG1247.jpg
気持ちが痛いほどわかるシーン。

紙がいらない書道

  • 2014.07.27 Sunday
  • 22:00
昨年に引き続き、紙がいらない書道練習用布を手に入れました。
用意するものは布・筆・水・水を入れる容器だけです。
私は墨汁を使用して紙に書く前に、この布を利用しています。
一度書くと乾くまで数分かかりますので、練習する場合は3枚は欲しいところですね。

RIMG1065.jpg
書に必要な八つの技法である「永字八方」の練習ができる優れもの。

RIMG1066.jpg
いくら書いても無料です。

RIMG1072.jpg
下の布は昨年手に入れたものです。


「水書布」「水 書道」などで検索しますと出てきます。

年始回りで見つけた面白いもの

  • 2014.01.16 Thursday
  • 21:00

二日前の14日、とある御寺院様に年始の挨拶が終わって車に乗ろうかと思っていたところ、山門付近に面白いものを見つけました。

RIMG0022.jpg
山門横にあった蛙石

この蛙石について住職に由来を聞いたところ、「境内にあったから、たんがいで(宮城の方言で、持ち上げるという意味)山門のとこに持って来たんだよ」とのこと。蛙(カエル)には「迎える(むカエル)」「無事帰る(ぶじカエル)」という意味も込めて山門横に置いたそうです。なるほどユーモアがあっていいですね。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM