瑞雲寺の道標

  • 2020.06.26 Friday
  • 21:30

昨年の台風19号の影響による家の解体作業がところどころで始まっています。小さい頃から慣れ親しんだ町並みが変わっていくのに一抹の寂しさを感じます。とある檀家さんより家の解体をする前に仏壇の魂抜きをお願いしますという依頼がありましたので歩いて行ってきました。

 

帰り道、国道113号線沿いにある花壇内に何かの道標(道しるべ)が立っていました。近づいて確認してみますと「古刹 瑞雲寺」とあります。違う面には「昭和十八年十一月 東京 加川茂平 建之」と彫られていました。(※古刹とは古い寺という意味)

 

まさかこの場所に道標があると思ってもみなかったので、記録の為に撮影しました。

 

P1030062.jpg

国道113号線沿いにある花壇内の道標

 

P1030063.jpg

古刹 瑞雲寺

 

P1030064.jpg

昭和十八年十一月 東京 加川茂平 建之

 

道標に彫られている加川茂平さんとはどのような方なのでしょうか?

 

金山歴史散歩によりますと・・・

加川茂平は明治13年(1938年)金山に生れ理髪業を営んでいたが、のちに東京へ進出して一家をなした。弟荘三郎も理髪業を志し、修業ののち東京に開店した。若くして渡米し、アメリカ理容界を視察研究して業界の発展に尽力するなどの実績が評価され、全国理容連盟理事長になった。

 

P1030085.jpg

故加川茂平氏

 

茂平は郷土の名所・旧跡への案内道標設置・「古郷金山」の発刊などを行ない、郷土の発展に寄与した。

 

P1030084.jpg

古郷金山の表紙

 

加川茂平氏は金山の名所・旧跡に案内道標を設置した書いてあります。早速、金山内に設置した案内道標を探してみました。

 

 

金山城址の道標

 

この道標は坂町の金山城へ行く道の入口付近にあります。

 

P1030079.jpg

勤皇城址金山城

 

P1030080.jpg

東京 加川茂平 建之

 

 

台町古墳の道標

 

この道標は台町へ行く入口にあります。目印はタクシー会社。

 

P1030076.jpg

台町古墳の道標

 

P1030095.jpg

東京 加川茂平 建之

 

 

長者山の道標

 

この道標はガソリンスタンドの近くにあります。

 

P1030090.jpg

社址長者山

 

P1030092.jpg

東京 加川茂平 建之

 

 

頭髪供養碑

 

案内道標の他に瑞雲寺境内にある頭髪供養碑も故加川茂平氏が建てました。

 

P1030072.jpg

日本でも珍しい頭髪供養碑

 


 

douhyou.jpg

加川茂平氏が建てた案内道標と頭髪供養碑の場所

 

 

加川茂平氏が建てた道標は紹介した四ヶ所の他に何ヶ所かあるかもしれません。散歩のついでに探してみてはいかがでしょうか。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM