インド仏跡巡礼の旅 第7日目(2月21日)

  • 2016.08.08 Monday
  • 21:00

インドの高速道路(アグラ〜ニューデリー)

専用車で高速道路を利用し、インドの首都デリーに向かう。高速料金が高いせいかあまり車が走っていない。だが、自転車が走っているのはどういうわけだろうか。インドという国は謎だ。日本の常識で考えない方が良いのかもしれない。

ニューデリー.jpg

アグラ〜ニューデリー

kousoku.jpg
高速道路に自転車

R0013085.jpg
パーキングエリアでトイレ休憩

mansyon.jpg
高速道路から見えた建設中のマンション

ニューデリー市内

草原のような風景から徐々にデリーに近づくにつれ建設中のマンションが多くなってきた。料金所を過ぎ、デリー市内に入ると車の数がぐっと増える。ホーンを鳴らすのを規制している為か、地方と違って静かだが、追い越す車を見ていると運転は相変わらず荒い。

deri.jpg
ニューデリーの道路

市内で信号待ちしていると、フルーツを持った子供、風船売りのおじさん、変わったところでは女装したごつい男が何かをしている。聞く所によると喜捨を求めているとのことだが、インドは自分の予想を裏切る点で全く飽きない国だ。

 

歩道を見ると、少年が帽子に付いた紐をブンブンとまわし肩が柔らかいという芸を見せている。車が動き出してもなお、走りながら芸をしている少年にインドへ来てはじめて喜捨したいと思った。しかし専用車の窓は鍵が無く開けられない。しかたがないので、少年に向かって手を振ったら、笑顔で返してくれた。

世界遺産クトゥブ・ミナール

昼食を食べた後、クトゥブミナールを見学。かなり大きな塔で、高さ72.5メートルに及ぶ。昔は上まで行けたそうだが今は保護のためダメだという。塔の先端と飛行機が飛んでいるツーショットの撮影ができるなど、なかなかいい所だ。この塔の他に園内には錆びない鉄柱があり、記念撮影を行った。

R0013098.jpg
昼食を食べたレストラン

R0013134.jpg
クトゥブミナール

P1040236.jpg
1199年に造られたという。凄い技術だ。

R0013114.jpg
錆びない鉄柱

P1040232.jpg
文字が彫られていた。

R0013123.jpg
錆びない鉄柱とクトゥブ・ミナール。どちらも凄い技術だ。

デリー国立博物館

今日は日曜ということもあり、来館者がかなり多く、やっとのことで入場することができた。一人一人には日本語で案内するヘッドフォンが貸し出される。展示物の横にある番号を入力すると案内する仕組みだ。館内は撮影が自由だが発光は禁止。

P1040343.jpg
デリー国立博物館

ジャイナ教の像、ヒンドゥーの神像を見ていると、日本の観音観世音菩薩立像は明らかにインドから伝わったことがこの博物館に来館して理解することができた。興味を持ったのはシャンカ(法螺貝)を持った像が意外と多かったことだ。また、ピプラワ出土のお釈迦様の舎利(※お骨)に手を合わせることができたことは、遠い日本から来たかいがあったというものだ。

P1040264.jpg
お釈迦様

P1040284.jpg
ヒンドゥーの神像

P1040335.jpg
ヒンドゥーの神像

P1040285.jpg
左手にシャンカ(法螺貝)を持っている。

P1040279.jpg
こちらは坐像の下にシャンカ(法螺貝)

P1040296.jpg
舎利塔(お釈迦様のお骨が収められている)

舎利近くにはチベット密教の仏具・宝具がありシャンカ(法螺貝)やティンシャ、トランペットのようなものが展示されており、一度吹いてみたい思いに駆られた。一番印象に残ったのは、お釈迦様の一生が象牙に彫られている展示物で、一場面一場面がとても細かく彫られている。寺にも一つ欲しい所だが、写真撮影だけにとどめた。

P1040293.jpg
シャンカ(法螺貝)

P1040288.jpg
チベットのトランペット

P1040289.jpg
ティンシャ

P1040316.jpg
お釈迦様の一生が象牙に彫られている。

P1040317.jpg
スジャータの供養

P1040315.jpg
成道

最後は日本食レストラン

博物館見学も終わり、インドの旅行も終わりに近づいてきた。最後は日本食レストランに入る。締めは日本食ということだ。店内はインド人が結構いる。ビールは腹を壊しかねないので養生してマンゴーラッシーを頼んだ。店内に流れる二胡による日本の曲が郷愁を誘い、この一週間の旅行が走馬灯のように思い出す。お腹を壊したり、車で600キロの移動があったりというトラブルもあったが、とても楽しい旅行だった。

P1040357.jpg
インドの凱旋門

P1040360.jpg
日本食レストラン「フジヤ」

インドから日本へ

日本食レストランを後にしデリー空港に到着、ジャマールさんとお別れだ。一週間という長丁場でガイドをして頂いた。デリー空港で出国の手続きを行う。パスポートの検査では「ナイスガイ」と言われ「ユートゥー」と返した。冗談でもこういうやり取りが楽しい。無事、手続きが終わり出発までの約2時間、免税店でお土産を買う。値段を見ると結構な値段がする。ちょっと値は張ったが仏像とガネーシャ像(※ともに5センチぐらい)を購入した。

飛行機.jpg

インドから日本へ


出国は夜中の1時25分。帰りはジェット気流の関係で約7時間で成田空港に到着。昼食を食べた後、入浴していなかったので、空港内にあるシャワーを借りて時間を過ごす。

 

18時30分、成田空港から仙台空港へ。19時40分、仙台空港に到着。その後、皆さんとお別れして車で帰宅。日本に帰ってきての第一印象は、とにかく道路が綺麗だということだ。丸森の田舎道でもゴミがほとんど落ちていないことに驚いてしまった。当たり前だと思っていたことが、実は素晴らしいことなのだと旅行から帰って気づいた。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM