心の電話

  • 2020.03.13 Friday
  • 20:00

曹洞宗東北管区教化センターの「心の電話」は電話で聞ける約3〜4分間の法話です。

お時間がありましたら聞いてみてはいかがでしょうか。

Webからでも聞くことができます。

 

IMG_001.jpg

ここにも蓮の花

  • 2020.02.25 Tuesday
  • 21:00

2015年7月のブログで本堂内にある蓮の花を紹介したことがありました。蓮の花は泥水を通して咲いているにも関わらず、その汚泥に染まらずに綺麗に咲いていることから、長い間、仏教の象徴として親しまれてきました。

 

2月上旬から瑞雲寺の本堂では涅槃図の掛け軸をかけるわけですが、軸先の部分を目をこらしてみてみますと、蓮の花が細かく彫られていることに気づきました。幾度となく掛け軸をかけているのにもかかわらず、軸先に蓮の花が彫られていることに全く気づかなかった自分が情けなく思いました。

 

瑞雲寺本堂内の蓮の花

 

P1020567.jpg

本堂の真ん中にある天蓋の中央にある蓮の花

 

P1020571.jpg

本尊様の台座の蓮の花

 

P1020572.jpg

本堂内にある小鐘の撞座

 

改めて気づいた掛け軸の蓮の花

 

P1020565.jpg

矢印の部分(※軸先)に蓮の花が彫られています。今まで気づきませんでした。

 

P1020555.jpg

掛け軸の蓮の花

 

P1020570.jpg

こちらは十六善神の掛け軸の蓮の花

 

皆さんの周りにも蓮の花があるかもしれません。
例えば家にあるお仏壇。仏様の台座であったり、蓮の花の置物であったり等、ご先祖様に手を合わせた際に探してみてはいかがでしょうか。

猫が描かれないわけ

  • 2020.02.22 Saturday
  • 21:00

15日の涅槃会(ねはんえ)では、本堂内に金色のお釈迦様を中心として嘆き悲しむ色々な人々・動植物達が描かれている涅槃図という大きな掛け軸をかかげます。

 

涅槃図にはなぜか身近にいたであろう猫が描かれていません。なぜなのか調べてみますと、「お釈迦様の母親であるマーヤ夫人が天上から薬袋を投じたが、沙羅双樹の枝に引っかかってしまった。鼠が薬袋を取りに行こうとしたが、猫が邪魔をしたため、お釈迦様は薬を飲むことができずに亡くなってしまわれた。」とのことです。(※絵解き涅槃図 竹林史博著 青山社 参照)

 

P1020470.jpg

瑞雲寺の涅槃図

 

P1020478.jpg

数は少ないながらも涅槃図に描かれている猫達(※絵解き涅槃図 竹林史博著 青山社より)

 

P1020482.jpg

嘆き悲しむマーヤ夫人

 

P1020481.jpg

天上より投じたとされる薬袋とされていますが、瑞雲寺の掛け軸を見る限り錫杖に結び付けられていることから仏鉢を包んだものだと思われます。

 

P1020483.jpg

今年の干支・子

梅の開花

  • 2020.02.17 Monday
  • 22:00

境内の日当たりの良い場所にある梅が本日咲きました。昨年は2月1日、一昨年は3月上旬、4年前は1月に咲くなどかなりばらつきがみられます。今年は暖かいからと早く咲くものではないようですね。

 

P1020532.jpg

梅の花

魚のような雲

  • 2020.02.16 Sunday
  • 22:30

4日前になりますが、12日福島からの帰り道、魚のような雲を見つけましたので、車を道路脇に駐車して撮影してみました。

 

P1020526.jpg

何となく魚に似ている雲

 

P1020528.jpg

尾っぽの方は虹のようになっていました。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM